2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

町田(ホームタウン)全般

町田市の成長・発展を望む者として

「FC町田ゼルビアへのJリーグ加盟のための支援を求める請願」の署名期日が、あと4日と迫ってきております。

.

具体的にはJリーグ2部(J2)へ昇格するために、町田市野津田町にあります町田市陸上競技場にてJリーグの開催ができるようにメインスタンドの改修工事を町田市議会で可決して戴くため、その後押しをするための請願ということになります。

.

署名の内容自体が、『FC町田ゼルビアへの~』となっていますので、なんで町田ゼルビアのために町田市の税金を多く使わなければならないのか、という反対的な意見もあるかもしれません。

ただ今回のこの改修工事について、町田ゼルビアであるとか、町田のサッカーのためだけでなくて、むしろもっと町田市という街がこれからどう成長・発展していけるのか、という点に興味を抱いています。

.

僕は、、、別に少年時代にサッカーをやっていたわけでもありません。(むしろなんでみんなサッカーばかりやっているんだろう、、、と思っていたくらいサッカーには否定的でした)。

既に会社の事情により町田市民ではなかったけれど、町田を冠とするふるさとの街のチームをあったから、それがきっかけで僕は町田という街を今でも気にかけるようになったんですよね。

.

その町田ゼルビアは、町田市陸上競技場での開催では、隔週で市内外から3000人強を呼び込む資産となっています。さらにJリーグへ昇格への道を作ることで、いろいろあって町田を離れてしまった人々が、何かの縁で町田での盛り上がりを知って、実際に再び町田を訪れてみよう、気になるな、という機運を生みだし、これまでの『負』のイメージを払しょくできる「町田を代表する資産」に、なっていくと考えます。

.

今回の改修可否の決定には、町田市の税金が多く含まれます。金銭的には僕自身もふるさと納税をする程度の協力しかできませんが。。。決定を後押しして貰うための署名は今でもまだ間に合います。

.

町田市の方々も、僕のように町田市から転居した方々も、全く町田とは縁がない方も、、ごく短い期間となりますが、下記のページにアクセスして、署名の協力をしていただければと思います。

http://jdreammachida.blog118.fc2.com/blog-entry-118.html

.

事務局への郵送または二代目ラーメン酒場さんへの持参であれば、3月4日(金)の到着分まで受付可だそうです。

↓ ↓

署名活動の期限(2月28日)まで、あと4日と迫ってまいりました。
ご協力いただいている皆様より、既に多くの署名が届いております。

集まりました署名は、請願書と併せて町田市議会3月定例会へ提出の予定です。
当会と致しましては、3月7日(月)に同議会への持参を予定しております。
そのため最終的な集計作業は3月5日(土)、6日(日)となります。

皆様からの署名を1筆でも多く請願書に載せるために、事務局へのご郵送と*二代目ラーメン酒場へのご持参については3月4日(金)の到着分まで受付をさせていただきたいと思います。
*二代目ラーメン酒場は2月28日(月)は定休日ですので、ご注意ください。

(いつもなんだけど)夜中に書いているから、いろいろと説明不足かもしれません。。。その点御容赦ください^^;

玉川大学(玉川学園)

胸スポンサーに小田急電鉄が決まったことに狂喜乱舞していましたが、背中スポンサーに玉川大学が決まったことも、同様にとてもうれしく思っています。なんとも町田っぽいコンポだと思っています。

玉川大学といえば、その昔、まだ私が小さい頃、薬師丸ひろ子さんという女優さんが一世を風靡した頃、その薬師丸ひろ子さんが玉川大学に入学するというので、えらい騒ぎになっていたニュースを当時のテレビワイドショーなどで見た覚えがあります。

ただ僕は、近くに玉川学園という学校はあれど、玉川学園=玉川大学と思っておらず、玉川大学というのは、二子玉川とかどこか別のところにある学校とばかり子供心に思っていていました。実は家の近くでそんな騒動があったのだ、とわかったのは、それはもうずいぶん後のことでした。。。

ただ、玉川学園(地名の意味)に親戚が住んでいたこともあって、玉川学園(学校の意味)が作っていたアイスを購買部で買ってきて、おいしく食べたのを子供心に覚えています。野津田での試合で出張購買活動とかされないのでしょうか?非常に気になります。地域連携事業の理念の前に食い意地が勝る。。非常に情けないですが。。。。

そういえば、3月も中旬に差し掛かり、あと3週間ほどで玉川学園の池のところの桜も満開になることでしょう。前期第4節のFC刈谷戦(4月5日)あたりの時期で、学園の桜を見てから、野津田で試合観戦というのもいいのかもしれませんね。(交通手段が大変かな^^;)>

相模原市の交通システム導入に思う

相模原市、幹線快速バスシステム導入へ-パブリックコメント募集(町田経済新聞)

http://machida.keizai.biz/headline/383/

「相模原市は2月20日より、「幹線快速バスシステム(Bus Rapid Transit=BRT)」を小田急相模大野駅~JR相模線原当麻駅に先行的に導入する基本計画案のパブリックコメントを募集。BRTは、バス専用レーンの設置や公共車両優先の信号システムなどを組み合わせることで、バスの定時性や速達性の向上を図る輸送システム。」

「基本計画案によると、ルートは相模大野駅~原当麻駅間の約8キロ。相模大野駅~北里バスターミナルのピーク時の所要時間を現在の約35分から約13分に短縮する。同区間の運行間隔は5分程度。」

以前からミニ地下鉄を走らせるとか、いろいろな構想があった相模原市の大動脈、、と言ったところでしょうか。僕も昔、北里大学病院に通院していたころは、よくお世話になっていた路線です。

記事にもありますが、この相模大野~原当麻駅までの区間の中には北里大学病院、女子美術大学に停留所ができる、と記載があります。S.C.相模原などのチームが将来ホームスタジアムとするのかな?と思われる相模原麻溝公園競技場などへも相模大野駅から20分弱程度で行かれるようになるのかもしれませんね。

対して町田に目を向けてみると、町田に駅チカスタジアムができてしまえば、全然アクセスの問題はないのですが、、、

今年初めにサッカーフェスティバルに行った際、FC町田ゼルビアの試合が終わって、野津田の山を駆け下りて、野津田車庫バス停から町田駅に向かったのですが、結局鎌倉街道の渋滞だったり、第二踏切あたりの渋滞だったりで、試合終了から小田急町田駅の改札口に辿り着くまで、結局1時間かかってしまっているのですよね。。。正直、休日の時間の使い方としてはもったいない感じがしてならないなあ~、という印象を受けたのは確かなのです。

今後、JFLでの試合を観戦する中で、こうしたらよいのに、と気づいた点があれば書いていきたいなと思っています。

近々、観光に行こうと思います

「NHKドラマスペシャル 白洲次郎」(http://www.nhk.or.jp/drama/shirasujirou/)を観て、昨年末に行くことを断念した「武相荘」(東京都町田市能ヶ谷町)に一度行ってみたくなりました。

町田市陸上競技場でのFC町田ゼルビアとの試合と併せていくつもりでしたが、近日行ってみようかな。ドラマ効果で込むかな。。。

Img_1160

そのときは、「フットパスガイドマップ」でもって、その周辺も歩いてみようかな、とも思っています。先日、新体制発表会からの帰りに、久美堂で買ってみたのです。

この本を見る前は、野津田とか小山田ばかりのルートがあるのかと思いましたが、そういうわけではなくて、下記のようにバラエティにとんでいます。また各コースのイラストや写真も充実しています。

  1. 鶴川から真光寺(武相荘に寄るならこのルート)
  2. 岡上から奈良
  3. 鶴川から玉川学園
  4. かしの木山から芹が谷公園
  5. 成瀬から金森
  6. 長津田からすずかけ台
  7. 下堤から小野路
  8. 綾部原から白山谷戸(上の原広場など、町田市陸上競技場の傍を通るルート)
  9. 図師から小山田桜台
  10. 淵野辺から小山田
  11. 忠生から図師
  12. 片倉から御殿峠

なんだか脳内の妄想と宣伝で終わってしまったな。。。近いうちに実践しようと思います。

ミーナ町田に行ってきました

今日は金曜日ながら特に予定がなかったために、ジムに行く予定をたてていましたが、急遽ミーナ町田で開催されている「ゼルビアミニパビリオン」を見に行きました。

土日に行こうと思いましたが、今日の方が空いているかな?と思ったもので。。。

Img_1151 ミーナ町田です。

Img_1135_2 2階の入口では、イェーイ!ていうかハ~イ!的な感じでマネキンが出迎えてくれました。でもこの立地、本当に宣伝効果があるんじゃないかな。

Img_1145 ちなみにユニフォームをヨコからみたところです。

Img_1137 そして、3階のパビリオンへ・・・

昇格だるまが出迎えてくれました。2階のマネキンとはテンションが異なります。

Img_1141 昇格だるまの隙をみて、後ろから撮影

パビリオン内で流れているJ:COMの放送は少ししか観なかったのですが、こういう番組が見られるのはいいですよねえ。

今はまだまだこういう番組を知っている人も少ないでしょうし、エリア内視聴を普及させる意味でも、MXテレビのニュースのように動画サイト上に一部開放するといいんじゃないかと思いますが、いかがでしょう!。。。ただ、私が観られることができないから何とか観られるようにしてほしい、という自己勝手な要求なだけなのですが。

Img_1154 あとは、町田駅に近いところではお客さんの数が多い(ほとんど乗り換え客かな)わけですが、ミーナ側はかなり閑散としている印象があったので、今回この企画をして戴いたミーナ町田の繁栄を心から願いつつ、町田を後にしたのでした。

Img_1157帰りのロマンスカーで飲んだ紅茶花伝のパッケージが、アウェイのユニフォームになんとなく似ているので写真におさめてみました。ネイビー+ブルーとか、ネイビー+ゴールドに段々反応が過剰となっている自分が怖いです。(ちなみに行き(都心→町田へ)は小田急線の快速急行に乗ったため、朝なみのラッシュを夜も経験してしまい、正直ぶっ倒れそうでした。)

フットパス

フットサルではなくて、フットパス。

散歩いかが「フットパス」 町田

http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000000901200001

昨年末に町田経済新聞でも記事が出ていましたが、地域の風景を楽しみながら歩く小道「フットパス」を普及させようと、町田市を含む4市町とNPOが、来月7日に「日本フットパス協会」を設立する、ということです。

旧に健康志向に目覚めたわけではありませんが、特に町田市北部の小山田バス停のあたりは豊かな自然が残っていますし、季節がよくなれば歩くことがとても楽しそうです。

4月からは町田市観光コンベンション協会に運営が移行するということで、町田市の観光の柱の一つとしていくのかもしれません。

来月に12のルートが選ばれたマップも発売されるということで、町田市陸上競技場近くのルートがもしあるのであれば、FC町田ゼルビアのホーム試合観戦がてら、散策してみたいと思います。

リニア中央新幹線

先日見かけた日経ケンプラッツの記事から

「リニア新幹線の大深度地下ルートはどうなる?」

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/column/20081225/529210/

これまで記事に出ているリニア中央新幹線の主な内容としては、

  1. 2025年開業を目指すこと
  2. 名古屋までは南アルプスを貫通する直線ルートで想定中
  3. 東京-名古屋間で中間駅は沿線の各県に1駅ずつ設けることが適当(JR東海社長発言)
  4. 首都圏の始発駅は品川 

というところでした。

上の引用記事では、今の新幹線品川駅直下にリニア新幹線の駅を作る(JR東海の土地のみを使用すると仮定して南北方向にホームを作る)、という想定で、既に実験線として建設中の山梨県上野原市から大深度地下を通って品川駅に向かうルートを以下のように予想しています。

上野原市秋山→上溝駅あたり→淵野辺駅あたり→玉川学園前駅あたり→江田駅あたり→元住吉駅あたり→カーブして方向を変え品川駅

なんだか惜しい。。。

残念ながら東京都内にもう1駅作る話はどこにも出ていないので、現実的には上溝駅あたりか淵野辺駅あたりに神奈川県内としての途中駅(その際は相模原中央駅とか新相模原駅等に改称するのかな?)を作ることになるかもしれません。もちろんあくまで想定ですので、例えば品川駅を東西に直交するルートの場合は、カーブ自体が必要ないため、今のルート全体がやや北上して橋本駅あたりが途中駅になるかもしれません。

夢がある話ですが、上溝駅あたりに作ると町田からはやや不便ですし、淵野辺駅あたりに作ると町田からは便利だけど、おそらく鳴りを潜めている小田急多摩線も今の唐木田駅止まりから、その駅めがけて延伸することになるでしょう。そうすると人の流れがすごく変わりそう(町田駅を必要としない流れが大きくなりそう)で、それはそれでちょっぴり不安ではありますね。

開業予定は今から16年後、、、かなり先のことですが、このリニア中央新幹線は注意深く見守りたいと思います。

町田について

僕は 自分が生まれ育った町田という街が、いつまでもハッピーであってほしいと思っています。

町田はいろいろな側面を持っていますが、基本は商業都市です。これまで首都圏有数の商業都市として変遷してきたのは、今が示すとおり。ただ、例えば国道沿いの大規模なショッピングセンターの進出によって、地方都市の駅前が空洞化、衰退してしまったように、今後どんな変革が起きて、産業構造・消費構造が変化していくのか想像だにできません。もしかしたら町田だって衰退の一歩をたどることもありえないことではないと思います。

あまり、難しいことをいうのも何なのですが、町田がこれからも繁栄していくために、こうなったらよいかなあ、こうなったら魅力的かなあと勝手に思っていることは主に下記の3点です。

・芹が谷公園と連続した魅力ある都市となること(吉祥寺⇔井の頭公園のような関係に)

・FC町田ゼルビアを観光資源、人的交流の強力な資源ととらえて、市外から多くのお客さんを呼び込める観光・商業都市となること

・移動のストレスのない便利な都市になること(僕は多摩モノレールが多摩センターから町田に延伸するよりも、多摩センター~町田~南町田グランベリーモールを新たにLRTで結ぶ方がよいんじゃないのかなあ、と思っています)

町田と芹が谷公園の間は、東急ツインズ間を走る大通りが延伸する予定のようなので、いずれ連続するのだと思いますが。。。そもそも東急ツインズ間の大通りは歩行者専用道・広場の方が魅力的だと思っています。

FC町田ゼルビアを観光資源の一つとして~、というのは、FC町田ゼルビアを応援している、また新たに応援して戴ける方は何も市内の方だけに限ったことではなく、僕のように市外の人もいたりします。更にこれまでの関東リーグでは観客の100%がほぼFC町田ゼルビアを応援していましたが、カテゴリーが上がるに連れ、浦和レッズやアルビレックス新潟のように、熱心なアウェイサポーターもまた押し寄せてくるでしょう。

僕が今回地域リーグ決勝大会という縁があって、初めて鳥取を訪れたように、今後「サッカー観戦を通じて町田に初めてきました」という人が確実に増えると思います。そのときに今の野津田の陸上競技場では「町田のよいところ」って伝わりにくいんじゃないかと思います。あくまで立地上の話が主ですけど、あまりよいイメージを持っている方は、少ないんじゃないかな。。。

加えて、僕は区部に住んでいるので、今は例外中の例外かもしれませんが、普段は鶴川駅からバスに乗るか、急いでいるときは(2回しかないけど)多摩センター駅からタクシーで駆けつけてます。でもこれだと町田にお金を落とさないんですよね。

せっかくだから町田にお客さんがこれまで以上に呼び込める→町田にお金を落としていく、ような構造が必要じゃないかな、と思っています。そこで「駅チカスタジアム」構想なわけなのですが。。。

ただ、、、こればっかりは今年・来年どうにかなる問題でもないですし、まだFC町田ゼルビアも地域リーグを抜け出したばかり。僕の妄想はまだまだ続くのですけど、今は今年凄く頑張ってくれたチームが来年もまた頑張ってくれることこそが必要なのでしょうね。

風邪が治らなくて、頭が痛いので、途中で文章が支離滅裂に(これはいつものことですが)なっているかもしれませんがご容赦下さい。

町田に行ってきました

今日は仕事納めで、その上 早く終わったため、先日のリベンジではありませんが 町田に行ってきました。

ちなみに町田市に住んでいて 駅前のデパート等に買い物に行ったり友達と繰りだしたりするときにも、例えば親には「町田に行ってくる」と伝えますよね。不思議な町です。

いやー今日は寒かったです。ただ平日だし、寒い分、土日や年末に行くよりよいかな、と思って所用をすませてきました。

Img_0901_2 Img_0902_5

まずは小田急線とJR横浜線の町田駅をつなぐペデストリアンデッキに取り付けられたJFL昇格横断幕 および 遅まきながら応援横断幕(Fリーグに加盟しているペスカドーラ町田と共に掲げられています)を見に行きました。

あとはいろいろとぶらぶらと。。

Img_0927 Img_0931a いつもより人は少ないですが、それでも町田は混んでいます。

あとは、例えば東急ハンズが店舗面積を縮小して東急ツインズの中に収まっているのを筆頭として、いろいろと店舗・テナントが変遷していっているようですね。それはそれでちょっと寂しい思いもありますが。

Img_0933a ちなみに小田急線町田駅はずいぶん明るくなっていました。(だいぶ前からでしょうか?)

Img_0934 旅行が好き、その上小田急ロマンスカー好きなので、帰りはロマンスカーに乗って帰りました♪まあ30分で新宿に着きますけどね。

スタジアム改修!

12月18日付 読売新聞より

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20081218-OYT8T00177.htm

『スタジアムの観客席は、恒久的なものでは多額の費用がかかるため、鉄パイプで組み立てる仮設のいす席9000席を増やし、計1万200席とする。仮設いす席は、業者が建設し、市が借りる方式をとる。年間リース料は約1億円。

 また、1基約1億円の照明灯を計4基新設する。このほか、選手用の控室やシャワー室、トイレなども整備する。』

と、いうことで2010年春からのJリーグ参入を目指しているチームにとって、ビッグなクリスマスプレゼントとなりました。この不景気な時節柄、町田市のやる気が感じられます。

金額が金額だけに仮設いす席を使った、とのことですが、費用のかけ方もよいことだと思っています(エラソーですみません)。将来的にホームスタジアムが野津田で落ち着くか否かは別として、段階的にビルドアップしていけばよいのだと思います。

ただ本当に今年JFLに昇格することができていなかったら、あのときのPKで負けていたら、と思うとゾッとします。時節柄 他の地域リーグのチームや他のスポーツの記事を見ると、規模縮小だったり、アメフトXリーグのオンワードのようにひどければ解散だなんてニュースが溢れているわけだしね。。。

あとはこの勢いついでに私の持っている株式がもうちょっと回復してくれたら、と思うけどこちらは全然回復の見込みがないなぁ・・・ 何とかならんかなあ・・・

--------------------