2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

戸塚監督解任とな、、、

SC相模原、監督交代のお知らせ

SC相模原は、成績不振により戸塚哲也監督を5月31日付で解任すること
になりましたのでお知らせいたします。
なお、後任については、クラブ代表の望月重良が、、、、

http://www.sc-sagamihara.com/wp/archives/8080

FC町田ゼルビアをJFL昇格に導いた戸塚哲也さんが、関東2部リーグで連敗しただけで解任されたようです。。。まあ、若干生暖かく見守りながらも、なんだかんだいって一度も観に行ったこともないですし、まあなんですけど、、、本当に勿体ないことするなあ、残念な決断だなあと思えてなりません。

.

そもそも、クラブ創設以来、初となるリーグ戦での連敗を喫したって、、解任を正当化するためにその理由を強調することはあるのでしょうが、去年からリーグ自体ステップアップしているわけですし、、、去年の地域決勝大会を経験して、なぜに戸塚監督を招聘したのか、、、外野から見ると滑稽に思えてしょうがないですね。

.

戸塚監督を招聘してきたことで、チームの存在に脅威を感じはじめたところでしたが、どうやら思い違いだったようです。さて寝よう。

大震災から1週間

あの大震災から既に1週間が経過しました。。。。被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

.

この1週間、本当にいろいろなことを考えさせられた1週間でした。

今できること、次にできること、できることは限られているかもしれませんが、その中で精一杯全うできるよう考え行動していきたいと思っています。

.

町田ゼルビアは、19日15時に復興支援イベント「ALL POWER FOOTBALL」を開催します。当日、参加できないのが残念ですが、、、、

.

私も当該ブログ およびYouTube(http://www.youtube.com/user/daysworld9)でこれまで得た収益は、全て義援金に充てることにします。

.

被災地が一日も早く復旧復興を遂げるよう、心から祈っております。

自虐

カマタマーレ讃岐のJリーグ準加盟を承認

http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20110215-737450.html

カマタマーレ讃岐は準加盟が承認されましたが、ツエーゲン金沢、FC琉球は一旦見送りの措置が取られたようですですね。。。香川県も石川県も沖縄県も、Jリーグチーム空白地ですので、優遇とは言わないまでも順当に準加盟承認の裁定が下るものかと思っていました。

.

理由はああだこうだ言われていますけど、結局ハコなんでしょうけどね。ハコ。地域密着とか、、あんまり関係ないですもんね。あのリーグは一体何を目指したいのか・・・。あのリーグにガツンとモノを言える第三者機関はないのでしょうか?と思うときがあります。川淵さんくらいなのでしょうかねえ。

全国地域サッカーリーグ決勝大会など 雑記

12月3日~5日までの3日間開催されていた、第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会が閉幕しました。

.

飯塚選手がシーズン途中から期限付き移籍しているカマタマーレ讃岐(香川)がなんと優勝!そして準優勝はAC長野パルセイロとなりました!

正式な承認手続きを踏んでからなのでしょうが、両チームの来期のJFL昇格が確実となりました。

.

カマタマーレ讃岐サポ、AC長野パルセイロサポの皆さん、おめでとうございます!数年前から知れているチームですが、足踏みした分、サポさんの喜びも計り知れないものでしょう。

千葉県の市原で開催されていたこともあって、ゼルビアのサポーターも大挙して押し寄せていたようですが、JFL昇格を目の当たりにできるなんて羨ましい限りです。

.

一昨年に、町田ゼルビアがこの過酷な決勝大会に臨んだ際は、予選が鳥取→決勝が石垣島でしたので、行かれなかったのですよね。いや情熱とお金があれば、それでも行けたのでしょうけれどやはり鉄道やバスで行かれるところではなく、前日まで格安航空券などで調べても往復10万円を超えていて、あきらめた覚えがあります。はい、言い訳です。(日程面でも以前と違い、1週間隔が空いているため、サポさんも行動しやすかったのでは?と思います)

.

それはさておき、カマタマーレ讃岐、AC長野パルセイロの両チームはおそらく昇格後は、Jリーグ準加盟に向けて動いてくるでしょうから、JFLのリーグ戦自体がさらに盛り上がり、魅力のあるリーグになることでしょう。特にAC長野パルセイロと松本山雅FCとの、長野(信州)ダービー、そしてツエーゲン金沢を交えた北信越ダービーは盛り上がるのでしょうね~。

.

その反面、Jリーグ準加盟を目指すであろうチームのJFL昇格は、町田ゼルビアにとっては、ライバルチームを増やすことになりかねません。カマタマーレ讃岐は、なんでこんなに立派なの?という準本拠地、丸亀競技場(http://www.marukyou.jp/gaiyou.html)を擁していますし、県随一のサッカークラブですし、予備審査などもすんなり通ってしまうことでしょう。

.

ブラウブリッツ秋田もあるし、ヴォルカ鹿児島(九州リーグ)も本格化してくるようですし、Jリーグに入会することが全てではない、という思いはありますが、なんだか焦らざるを得ない状況になってきます。いや、本当におらが町のサッカーチームがそこにあるだけで幸せではあるのですけど、J2とJFLでは、まだまだ絶望的なほどいろいろな面で差がありすぎるのですよ。

.

さて、JFL来期への闘いはまだ終わっていません。全国地域サッカーリーグ決勝大会3位に終わった三洋電機洲本と、JFL最終節で17位となってしまったアルテ高崎との過酷な入れ替え戦がまだあるのです。

.

両チームの健闘を心から祈りたいと思います。淡路島へ行きたいけど、浜川球技場の雰囲気、そして黄昏チックなテーマ曲に乗った 伸びのあるアルテ高崎の選手紹介、結構好きなんですよねえ。。。

夏休み

先週から夏季休暇に入っています。

Img_1883 長崎へ行けなかったことは残念でしたが、松本・白馬・糸魚川を経由して日本海を見て帰ってきたりとか(写真の電車などをひたすら乗り継ぐ独りよがりの旅なわけです)、あとは運よく休みの最中に東京ドームでファイターズ戦が開催されていたため観戦してきたりとか、いろいろとリフレッシュができています。

Img_1866 特に観戦に行った11日の試合は、ファイターズが9回表に逆転され、敗色濃厚さながらの9回裏ツーアウトから小谷野選手のホームランで追い付くという試合。飛び上がって喜んでしまったからか「やっと打てましたねー」だなんて後ろの老夫婦から声をかけられました^^;。そのとき私のゆるい涙腺は既にやばかったわけですが。。。

Img_1880_4 結局、その日の試合は延長12回裏に田中賢介選手のサヨナラヒットで勝利し、いつもよりも内容が濃く感動する試合でした。先ほどの老夫婦とはハイタッチして帰りました^^;

今年はもうファイターズ主催の東京ドームの試合がないので、来年の話、、といっても来年はいらっしゃるのかわかりませんが、5回終了時のYMCAのときは後半のフレーズでグラウンドキーパーの方もトンボを掲げて踊ります。ただ1塁側のグラウンドキーパーさんのハイテンションぶりが素敵なので、来年もまた見られることを期待したいと思います。

当日の模様がyoutubeに掲載されていましたので、アドレスを張らせていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=RjNprgezHzQ

順位表

普段、順位表を見るときは、fuori-classe.com(http://210.153.21.35/)を参照しています。

シンプルで、欧州リーグやセリエBなどの2部リーグも網羅されているため、ずいぶん前から見ています。日本ではJ1・J2・JFLが掲載されていて、ようやくFC町田ゼルビアもこのページに現れるようになり、それはそれで感慨深いものがありました。

まあ、、実際に順位表や得点ランキングを見ると、溜息の一つや二つもついてしまうような状況ではありますが、、、

先日のホンダロック戦の結果うんぬんは、プロレスラー三沢光晴選手がリング上で命を落としたことの驚きとショックにより麻痺しています。(アイルトンセナ氏がレース中の事故でこの世を去ったこと以来の衝撃です)

何年も前ですが、二代目タイガーマスクのマスクを脱ぎ、それを相手選手に投げつけ”三沢光晴”となったときのシーンを今でも鮮明に覚えています。

心からご冥福をお祈りいたします。

春眠

今週は仕事に特に緊張感を持って臨んだ週であり、金曜日も飲みだったこともあって、土曜日は一日中爆睡していました。

一応いつものごとく時刻表などを検索して、往復に必要な時間とか旅費とかを算出して妄想していたりするのですが、残念ながら日曜日は休日出勤をするため、携帯で三菱水島FC戦の動向をチェックすることにします。

向こう3戦は三菱水島FC戦、アルテ高崎戦、FC琉球戦と比較的下位の、、、といいたいところですが、アルテ高崎は昨年のチームとは既に違うチームのようですね。FWの枚数が足りないようですが、なんとか勝ち点5くらいは奪ってほしいな~、と思います。

勝手なこと言ってすみません、と思いながら寝ることにします。

箱根へ

箱根に行ってきました。

Img_1402 新宿駅です。いつもはここから町田駅または新百合ヶ丘駅までしかロマンスカーに乗らないので、箱根湯本まで行くとなるとワクワクがとまらないもんです。

Img_14062 あっという間ではないですが、短い時間で箱根湯本駅に着きました。さすがに箱根湯本駅は結構込んでいましたが、総じて4月30日、5月1日の箱根は比較的空いていました。

Img_1410_2 Img_1426_3 Img_1436_3

あとは、箱根登山鉄道~ケーブルカー(写真無しです)~ロープウェイ~芦ノ湖海賊船と、小田急箱根フリーパスを、これでもかというほど使ってきました。いつもは車で行っていたのでロープウェイに乗るのは何年ぶりなのだろう。。ケーブルカーもロープウェイも新型に変わっていましたね。

Img_14392 芦ノ湖畔にそびえ立つ「山のホテル」の庭園のつつじは、残念ながらまだ見ごろではなく、これが一番咲いている部類でした。あと1~2週間ほどで満開に近づくのではないでしょうか。

Img_1447 食事には疎い私ですが、たまにはこんなところで食事をしたり、宿泊したりしています。

箱根には何十回も行っていますので、特に目的を持って行動しているわけではないのですが、翌日は、これまで行ったことのなかったラリック美術館に行ってきました。ただ観光地まできて美術品をどうのこうの言うよりも、やっぱり庭園・芝生を見ながら食事する方がリラックスできました。

Img_1486 Img_1487 Img_1498

Img_1492_2ラリックさんが内装を手がけたオリエント急行の車両、中でお茶が飲めるとのことでしたが、既にレストランでお茶を飲みすぎていたためパスしました。。

Img_1505 ちなみに大涌谷・芦ノ湖からは、富士山が見えづらいながらも、きれいにその姿を現していました。

Img_15152_2 帰りの箱根湯本駅です。なにか以前と違うなと思っていたのですが、コンコース・改札口が2階となるなど、大改装していたのですね。(行きは、すぐにロマンスカーから登山鉄道に乗車したためあまり気づきませんでした)

Img_1512 Img_1513 Img_1518

帰りは運よく小田急ロマンスカー50000形”VSE”に乗車しました。まあ小田原を過ぎてすぐに爆睡してしまいましたが。。。

FC町田ゼルビアの試合観戦抜きに旅行・遠出をしたのは、なんだか久しぶりのような気がします。まあ小田急がゼルビアのスポンサーになっていただいたおかげで全く縁遠いわけではないのですが、、、、ただ小田急箱根フリーパスは便利だなあ、、と思いながら箱根を後にしたのでした。特急ロマンスカーの指定料金は別途ですが、新宿からの往復交通費込みで2日間で5,000円、3日間で5,500円ですからね。また機会があれば利用しようと思います。

ゴールデンウィーク

Img_1241_3ゴールデンウィークの前半は、まったりと箱根に行くことにしました。

町田を離れたときに車も手放してしまったので、往復はもちろん小田急ロマンスカー&小田急箱根フリーパスです。

写真は小田急、、ではなくてJR東海の「あさぎり」ですね。

ゴールデンウィークの中盤は若干家で勉強しなければならないのですが、後半は、アウェイのMIOびわこ草津戦を観に行こうかな、と画策中。

知らないうちにウェブの地図ページやJR・近鉄の時刻表を見て、妄想を膨らませています。行く行かないは別として、結構こういうシミュレーション大好きなんですよねえ。

格好いい

芸能ニュースはあまり見ないのですが、いくつか格好いいなあと素直に思ったことが重なったので書くことにしました。

まずは、水嶋ヒロさんと絢香さんの結婚会見。あまりドラマを見ないもので、正直この俳優さんはよく存じ上げておらず、私に近い人がキャーキャー騒いでいる程度の見識だったのだけど、言動がとても格好いいのうと思ってしまいました。(今回の結婚会見の件で 私に近い人はギャーギャー騒いでいますが^皿 ^;)

また、松村邦洋さんの退院会見(http://douga.nikkansports.com/entertainment/entry/77321.html)もありましたが、本当に生きて帰ってよかったな、という思いとすがすがしさが伝わって、こちらもちょっと感動させられました。

最後に、羽柴秀吉さんが〝ミサイル基地〟設置(MSN産経ニュース)

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090404/trd0904040153007-n1.htm

始めこの記事・写真をみたときは思わず笑ってしまいましたが、直後に やばい、格好いいっすと思ってしまいました。。。でもミサイルってどんなミサイルなのだろう。。。

--------------------