2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

FC町田ゼルビア 対 ソニー仙台FC 戦(2011.09.23)

Dsc00493

仙台の東、松島フットボールセンターで開催されたソニー仙台FCの対戦。

台風15号の影響により、会場近くまで行く仙石線・東北本線が前日まで不通でしたため、もし当日の朝も駄目なようなら、観戦はあきらめていました。

しかし当日の朝から両路線とも最寄駅(松島or高城町or松島海岸)までは運転を再開していたため、向かうことに。

.

Dsc00484

Dsc00485震災の傷跡に加え、台風の傷跡が駅から試合会場までの数キロの道路でも散見されました。(写真は帰りのタクシーからのもの)

.

Dsc00486

Dsc00487開場は試合開始1時間前の12時からということでしたが、特にロープで閉鎖されていないことをいいことに、グラウンドを撮影。

試合会場である松島フットボールセンターが元々学校のグラウンドだったことなど、準備をされていた方から伺いましたが、メインスタンドなどを見る限り、3年前の石垣島を彷彿とさせます。(僕は行かれませんでしたが。。。)

.

Dsc00489_2選手の会場入りを目の当たりにしたのは初めてです^^

.

.

Dsc00490練習のときも選手が近かったですね。この階段が試合時の選手入場に使われるとは想像していなかったのですが^^

尚、動画を御覧になられた方はわかるかもしれませんが、いわゆるアウェー側の観客芝生席(って言っていいのか)があまりなくて、そのため必然的にゼルビアサポが中央寄りに位置することになりました。

この日も多くのゼルビアサポがいましたが、メインスタンドSS席をジャックしたわけではありません。

私は大会本部テントすぐ前のメインスタンドSS席(?)の一番高いところにいましたが、結構な斜面に加え、クッションを用意していなかったので、ふくらはぎとお尻が痛かったです。

.

また会場全体が牧歌的かつ手作り感一杯な雰囲気で、いい意味でJリーグに所属していたらまず味わえないような会場でしたね。いつもとは違う雰囲気にとても新鮮な気持ちを抱きました。

.

・・・これで勝ち点3をなんなく取っていればよかったのですがorz

.

試合の感想としては、、ソニー仙台の前線のプレスがよかったですし、だいぶ研究をされている感がありました。

一方のゼルビアは、、フォローが足りないというか、、ボールを長く持ってうろうろするシーンが非常に多かったように思います。

もちろんダイレクトプレーなども多くありましたけど、スルーしてそのまま相手選手に渡ってしまうシーンが繰り返され、変化がほしかったところでした。

何人かの選手は疲労が抜けていないのかな、、、

.

Dsc00475_3

Dsc00476

Dsc00477

Dsc00478

Dsc00479

.

.

唯一の失点のシーンは、シュートが前方にいた味方選手の肩口に当たって方向が変わりゴールしてしまったもの。アンラッキーな部分はありましたが、残念ながらパスミスが起点となっていたものです。

.

Dsc00482

Dsc004830-1の敗戦。

結局、悔しさという点では栃木ウーヴァ戦のそれと全く変わりませんでした。いや、初勝利を献上したという点では、それ以上かな。。。悔しかったな。

.

4位以内という目標は低い目標だと思っていながら、残念ながらSAGAWA SHIGAとAC長野パルセイロの2チームは着々と上位4位という枠に確実に収まろうとしています。

.

10月は天皇杯を挟みますが、栃木ウーヴァFC・ジェフリザーブズ・SAGAWA SHIGA FC・AC長野パルセイロとの4戦で3勝1分の勝ち点10程度を目標にしなければ、いろいろと厳しくなってくるような気がします。

.

是非とも10月は素晴らしい月となれるよう、切り替えて今一度奮起してほしいと思います。

.

.

↓ ハーフタイム中に行われた町田サポーターからソニー仙台後援会への横断幕贈呈セレモニー、とてもよかったです

FC町田ゼルビア 対 Honda FC 戦 (2011.09.17)

Dsc00435

JFLの門番、HondaFCとの対戦は4-0で勝利しました!

.

.

Dsc00432

Dsc00433

Dsc00434

.

.

.

都田サッカー場は、いつ来ても素晴らしいスタジアム。選手との距離もこんなに近いです。また、会場に向かう前に中継で観たエコパでの清水-浦和戦の芝の状態が酷かったので、都田はどうかな?と思っていましたが、綺麗に管理が行き届いていましたね。

あ、J2大分トリニータから期限付き移籍で加入した石田良輔選手も早速ベンチ入りです。

.

Dsc00436

Honda FCのマスコット、パッサーロは9月の気温がまだまだ高いことに納得がいかないご様子でした。

.

Dsc00437

Dsc00438

Dsc00439

.

.

.

津田選手が今節はベンチ入りしておらず、斉藤広野選手がスタメンです。

.

Dsc00441

Dsc00442

試合の方は、開始間もなくして広野選手のクロスから小川巧選手の惜しいヘディングが見られるなど新鮮な展開に。

オフィシャルホームページでの小川選手のコメントを見て納得したのですが、かなり動きを修正していたのですねー。

Dsc00444

Dsc00445

試合を見る限りでは、1列前に上がったのか、それともよほど攻撃を許されているのか、どういうことなんだろうか?と思わされましたよ。(写真は右サイドを駆け上がり、ループシュートかクロスを狙ったシーン)

.

.

そのような感じで序盤は優勢に進めていきましたが、徐々にHondaFCの支配率が上回ってきます。

.

Dsc00446

Dsc00447

Honda FCの無回転フリーキックは吉田選手がパンチングで凌ぎます。

.

前半は0-0で終了。1点勝負の闘いになるかと思ったのですが。。

.

Dsc00451

Dsc00452

Dsc00453

Dsc00454

.

.

.

後半10分、小川選手のJFL初ゴールで先制します!ボールの行方はコマ送りでみると、左ポストに当たり、奥のフレームバーに当たって勢いよくマウスから飛び出たような・・・、そんな軌道に見えました。

.

Dsc00455

Dsc00456

Dsc00457

Dsc00458

.

.

.

その余韻を惜しむ間もなく、同じく右サイドの攻撃から、勝又選手が角度のないところからゴールを決め、2点差とします!

.

Dsc00459

Dsc00460

その後、ピンチからフリーでシュートを打たれるも、吉田選手のセーブで凌ぐと、、

.

Dsc00461

Dsc00462

Dsc00463

Dsc00464

.

.

.

後半30分にディミッチ選手が技ありすぎるシュートで3-0に!

.

Dsc00465

Dsc00466

Dsc00467

.

.

.

HondaFCも攻め立てますが、田代選手の必死の守りもあって、無失点を続けます。

.

Dsc00468_4

Dsc00469_3

Dsc00470_2

Dsc00471_2

.

.

.

すると、後半45分から出場した酒井選手が、北井選手のスルーパスを受け、2試合連続のゴール!試合はその後すぐに終了し、4-0で勝利しました!

.

前節の長崎戦では3-0、そしてこの日が4-0でしたが、両チームにそんなに差があるわけでもなく、HondaFCの攻撃のダイナミックさ、そして速さは例の劇場効果も手伝ってか凄かったです。

たまたまこの試合ではHondaFCの決定力に助けられたところが多かったようです。試合展開を無視してしまえば4-3くらいのスコアとなっても全くおかしくはなかったです。

.

Dsc00472_2

Dsc00473_2

Dsc00474_2

.

.

.

それでも無失点勝利が続き、なんとも嬉しい限りです^^。

次節もアウェー、さらに中5日と試合間隔が短くなってはいますが、3連勝目指して頑張って貰いたいと思います!!

.

Dsc00468_2



.

.

.

.

.

川淵キャプテン講演会に行って参りました (2011.09.13)

Img_2979_1

この日は町田市民ホールまで遠征して(?)川淵三郎氏の講演会へ行って参りました。

.

.

Jリーグの関係者の方々の御意見も確かに重要だとは思いますが、やはりこの方の意見を生で聞きたかったんですよね。

.

川淵さんが生の声で町田ゼルビアって言っていただくだけでも結構嬉しいのですけど、参考になったお話が数々あり、個人的には感動して泣きそうになるところもありましたよ。

.

住友金属(鹿島アントラーズ)等のお話を聞いていると、町田市の地理的に複雑な事情とか、そんなことは大したものではないのかなあ、なんて思ったり、あのときの景気が昔ほどでなくとも続いていれば、こんなに足踏みしたりすることもないのだろうなあ、などといろいろ思うところがありました。

.

この講演会でのゼルビアに関する話は、町田ゼルビアのオフィシャルホームページのYouTubeサイトにある、下記動画での川淵さんのコメントに集約されていると思います。

みんなで、これまで以上の熱意で持って、多方面に渡りゼルビアを支援していくことが重要なんでしょうね。

.

.

FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎 戦 (2011.09.11)

Dsc00396

久しぶりのリーグ戦は3-0で勝利しました!

.

.

Dsc00397

この日はJFLへの昇格同期組のV・ファーレン長崎と対戦。アウェーでの試合は観に行けませんでしたが、1-5と、これまで記憶にない5失点を喫した相手です。

.

Dsc00399

Dsc00400

Dsc00402

V・ファーレンは前列真ん中の選手は膝を曲げないのかしら・・・?

.

.

Dsc00403

この日は珍しく、エンドを逆に。

.

.

試合の方は、さすがに前回の対戦で、町田を5-1で下し、順位も上位につけているように、長崎の攻撃は迫力があって素晴らしかったです。一進一退の攻防ながらも、主審がいくつかの危険なプレーにもファウルをとってくれないので、冷や冷やさせられること多し。

.

Dsc00404 開始数分でポポヴィッチ監督もこんな感じに。

.

.

Dsc00405

Dsc00406

Dsc00407

Dsc00408

.

.

.

前半40分に華麗なパスワークからディミッチ選手の技ありのゴールが決まり先制します。

.

Dsc00409

その後、GK吉田選手への危険なプレーも見逃され、前半が終了します。(一方で、後半の田代選手のプレーも見逃してはくれたけれど)

.

.

Dsc00410

Dsc00411

後半は鈴木崇文選手の惜しいフリーキックをはじめチャンスを作りながらも、、得点を決めきれず胃の痛い展開が続きますが、、

.

.

Dsc00416

Dsc00417

Dsc00418

Dsc00419

.

.

.

後半26分に鈴木崇文選手がドリブルから左足を振りぬき、追加点を上げます。キーパーの手には届いていたかもしれませんが、コマ送りしてみますとキーパーの前で若干ボールがイレギュラーバウンドをしていたのがわかりました。

.

その後、長崎にとっては不運すぎるPKを勝又選手が決めきれませんでしたが、、、

.

Dsc00420

Dsc00421

Dsc00422

Dsc00423

Dsc00424

.

.

後半44分に、酒井選手のゴールで3点差に。

この日の酒井選手は途中出場ながら、獅子奮迅の働き。流れを変えるということは、こういうことなのだな、と思わされました。

.

戦力的に大きな差がないながらも、3-0と無失点勝利をおさめることができました。GK吉田選手のセービングや、1対1を止めた田代選手ももちろんよかったですが、

Dsc00412

Dsc00413_3

Dsc00414

Dsc00415

.

.

.

個人的には太田選手のディフェンスが凄かったなあ、と思いました。

前半にスライディングでボールを奪って、攻撃に転じたシーンや、写真の顔?胸?でシュートを受けて、そのこぼれ球もスライディングで外に出したシーンなど、強く印象に残りました。

.

Dsc00425

Dsc00426

しかし、この強いチーム相手に3-0で勝利したのは大きかったですね。

次節は苦手のアウェーでの、これまた強いHondaFC戦となりますが、連勝して少しでも4位以内に近づけるようになるといいですね。

.

なお、この日は町田出身のバンド、ブランニューバイブ(Brand New Vibe)が凱旋ライブを行うということで、その時間までに着く予定でした。

しかし、出発地の天候が悪く、野津田に着いたときには、ライブも終わっていました。

よって記念の1枚は、下記の1枚だけに。

Dsc00427

「ブランニューバイブがゼルビーと記念撮影しているところを、後ろから撮ったところ。」(ある意味レアでしょ^皿^;)

.

.

.

.

.

予備審査の経過をふまえて、私たちにできること

町田ゼルビアのJリーグ入り予備審査経過に関しては、結構なんだかややこしくて、それで一体どうなっちゃうの?と思うところがあります。

.

今まさに懸命に動かれているであろうフロントの方々の働き、そして私たちの働き如何で、今季のJリーグ昇格が現実的になってきている、ということは去年とは違っていえそうです。

.

その状況をふまえて、私たちができることは、野津田へ行って応援して、選手たちの後押しをすること。

.

観客動員に関していえば、松本山雅FC戦で8000人が入ったから、ぎりぎり平均3000人達成なんですよね!なんてあらぬところであげ足をとられないよう・・・今週末に開催されるV・ファーレン長崎戦以降で、できれば毎試合3000人以上入って戴けるように私たちも盛り上がっていかないといけませんね。

町田出身のバンド「Brand New Vibe(ブラン・ニュー・バイブ)」の凱旋ライブもあるようですしね!(ライブとは時間が合わないため、この日から初となる町田駅発のバスツアーの申込みを悩んでいるけれど^^;)

.

まあ、Jリーグへ昇格してから応援するよ!って人も中には多いかもしれませんが、サカつくではオープニングで終わってしまう、Jリーグへ昇格する瞬間を実体験で共有できる、その過程を冬にかけてと味わっていく、そんな体験なかなかできないと思うのです。

.

・・・まあですから、気候も落ち着いてきて、過ごしやすくなってきますので、「予備審査」とか「サカつく」で検索して間違ってこのブログにひっかかってきた暁には、野津田の競技場へ足を運んで貰いたいものです。

.

なんとなく、タイトルを格好良さげにしたのに、予備審査のことを書こうとしたのに、(いつものように)独り言を箇条書きにして、(いつものように)支離滅裂で終わった感が否めませんが、寝ることにします。

.

ところで、、増資の件は、どうなるのかなあ?私たちサポーターにも話がまわってくるのであれば、その分の枠を(こっそりと)確保しておくんだけどなあ。

NHKオンデマンドで 「天皇杯への道」が

9月16日までの購入期限で、有料ですが、
PC上で動画試聴できるみたいです。

NHKオンデマンド 天皇杯への道 ~ 関東・代表決定戦ハイライト ~

https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2011031495SC000/

税込210円/購入後 1日0時間までの視聴期間

.

私自身はこのサービスをまだ利用したことがないので、
詳細はホームページで確認いただく必要があるけれど。。。
試聴だけで、ダウンロードみたいなことはできないのかな?

まずは無料会員登録が必要となるみたいですけれど、、

(ひかりTV経由などでも観られるみたいですが、、、ひかりTVが試聴できない環境のため、よくわかりませぬ)

.

台風の影響もあって、急に放送時間・チャンネルが変わってしまったため、
まだ御覧になられていない方も多くおられるかと思います。
大画面・TV画面で観たい方、繰り返しみたい方は、
DVDなどのメディアで確認されるもよし、

.

とり急ぎ見たい方は、
こちらで確認されてもよいのではないかと思います。

.

内容自体は、関東1都6県を扱ったものでありながら、
他県にホント申し訳ないくらい、
東京都代表決定戦がクローズアップされていて、
ゼルビアサポーターからみれば満足かつ非常にありがたい内容だと思いますよ。

.

1回戦突破

9月3日から始まった天皇杯で、町田ゼルビアは1回戦を突破しましたね。

.

当日はお留守番組でしたので、後半のみtwitter実況で確認させて貰いました。

観戦へ行かれた方は行きも帰りもいろいろと大変だったようですね。。。

.

試合結果は5-2、、、試合を見ていないのでよくわかりませんが、難しい(であったろう)コンディションの中で勝利できたことはよかったですよ。

.

次のJ1ヴァンフォーレ甲府との対戦では、初のJ1チーム撃破を、同じ会場で魅せてほしいです!

.

FC町田ゼルビア 対 専修大学 戦(2011.08.27)

Dsc00387

最高です!遂に、東京都サッカートーナメントで優勝することができました!

.

中には大学生相手に、、、と思われるかもしれませんが、強豪大学がひしめきすぎる東京都で、この栄誉を掴むことがどんなに大変なことか。。。Jリーグへ昇格する前にこの栄冠が取れて本当にうれしい!

.

Dsc00343

Dsc00344

この試合はメインスタンドではサッカー協会の会員?の人しか立ち入れないのでバックスタンドに。

野津田も悪くないけれど、クルヴァのみなさんの声が確実に届く西が丘はやはり素敵。

.

Dsc00346

Dsc00347

バックスタンドへの挨拶を促した津田キャプテンGJ。

.

.

Dsc00348

Dsc00349

Dsc00350

もう時間がだいぶたっていますので、試合はざっくりですけど。

.

.

専修大学、とにかく強かったです。。。前半は後ろからのチャージが多くてラフな印象もありましたけど、ダイレクトパス、縦に早い動き、長くボールを持とうものならピラニアの如く襲いかかる動き、パスカット、ボール奪取、、、すべてにおいて素晴らしかったです。

.

Dsc00351

Dsc00352

Dsc00353

.

.

.

それまで ものすごくピンチだった印象はないけれど、前半24分、町田選手のナイスゴールで先制されてしまいます。ちなみに町田選手のチャントは蒲田(町田)行進曲でした。

.

Dsc00354

Dsc00355

Dsc00356

.

.

.

先制されると追い付けない展開を非常に危惧しましたが、北井選手の先発起用が当たりPKを獲得。勝又選手が落ち着いて決め同点とします。

.

Dsc00357

Dsc00358 その直後、柳崎選手がシュートを放ちますが、相手GKにセーブされます。

.

.

Dsc00359

その後は膠着し、前半が終了します。水分・・・?

.

.

Dsc00360

Dsc00361

後半は、メンバーを変えてきたこともあってか、俄然専修大学の動きが鋭くなり、またゼルビアのパスミスなども多くなったことが手伝って、ゼルビアはやや防戦的になります。

この日MVP級の活躍をしたGK修行選手がことごとくシュートを防ぎましたが、動画には掲載していないものの、惜しくも枠を外したシュートが3、4本はありました。

.

Dsc00392

Dsc00393

Dsc00394 .

.

.

ゼルビアも柳崎選手のクロスから勝又選手のボレー気味のシュートで反撃。惜しいいいいいい

.

Dsc00362

コーナーキックからのこぼれ球から太田選手が枠に押し込もうとしますが、相手DFに防がれます。惜しいいいいいい

.

.

Dsc00365

Dsc00366

Dsc00367

.

.

.

その後はこう着状態となりますが、試合終了間際、ディミッチ選手の反転シュートも惜しかった。勝又選手が蹴っていれば、という思いもありましたが、ディミッチ選手だって得意の左足で蹴れる体制でしたから、こればかりは。。。

.

Dsc00368

Dsc00369 試合は延長戦に、、

.

.

Dsc00370_1

Dsc00371

Dsc00372

.

.

.

お互いに決め手を欠いていたのですが、延長後半に修行選手が交錯して顔面を負傷。後半の残り時間が治療の時間に費やされ、ロスタイムが5分に。

.

Dsc00373

Dsc00374_1

延長後半終了のホイッスルが鳴り、PK戦に突入しようにも、ずっと写真のような治療状態が続いていましたからね。。正直PK戦出場は無理だろうと思った。。。

.

Dsc00375

応援し続けるゴール裏。このフォーメーションが素敵。

.

.

Dsc00377_1

Dsc00376_1

Dsc00378_1

.

.

.

・・・それでも立ちあがった修行選手。PKを止めた修行選手。止めてもガッツポーズをせずに、ポストにもたれかかるのがやっとの修行選手。。。

どれだけ過酷なことだっただろうか( ´;ω;`)

.

Dsc00379

Dsc00380

Dsc00382

.

.

.

その後は、、、今年もっとも印象深い試合の一つとなりました。

.

Dsc00383_1

表彰式の前後でまず消防車が到着。どんだけ・・・orz

今は、勝又選手と飯食って、練習にも参加しているんだっていうから本当よかったですよ。。。 9/1付チームオフィシャルからの発表で、右頬骨・上顎骨骨折のため、復帰まで約4ヶ月を要する見込であると発表されました。やはり、そんなに甘くはなかったか。。。ここはじっくりと治療に努めて戴きたい、と思います。。。

.

Dsc00389

専修大学。本当に素晴らしかったです。応援もクリーンでした。一つ気にいらないのは緑のアディダスだったこと、それだけです^皿^

・・・森下会館?

.

.

Dsc00386

Dsc00388

Dsc00390

Dsc00391_2

.

.

.

北区西が丘で魅せてくれたこの光景・・・。

今度は野津田でこの光景を皆で見ましょう!!

.

.

.

.

.

.

.

.

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

--------------------