2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

FC町田ゼルビア 対 SAGAWA SHIGA FC戦(2011.06.25)

炎天下の中、3-3という壮絶な打ちあいというか、逃げ切り失敗という結果に終わりました。

.

11時過ぎに京都駅のホームに降り立つと、想像できない熱波が、、、前日まで雨が降るかどうかという心配は杞憂に終わったものの、暑さとの闘いが容易に想像できました。

.

京都駅から2駅10分の大津京駅から徒歩7分程度(路面電車に乗りかえれば、目の前に駅があるようですが)という、うらやましい良いアクセスのところに、大津市皇子山総合運動公園陸上競技場がありました。

.

会場に入ると、試合の記録では33度台でしたが、観客席は屋根がなく、コンクリートからの照り返しで、体感温度ははるかにそれを上回っていました。グラウンドピッチもまた同様なのでしょう。

.

Dsc00087 地元出身というタレントさんが、試合前に歌っておりました。よい清涼剤となっていました。

.

Dsc00088

Dsc00089

Dsc00090

.

.

試合の方は、そんな暑さですので、前半は探り合いの様相。あっ、59選手はいないのか。

.

Dsc00091

Dsc00092

Dsc00094

その中で、この試合では左MFに入っていた大竹選手が、相手選手と交錯し、負傷退場となってしまい、酒井選手が投入されることに。

今年は、怪我人が多いゼルビア。大竹選手の怪我が心配されます。

.

前半は0-0のまま終了。後半は1点勝負なのかなあ、とグロッキー気味にそう思っていましたが。。。

.

Dsc00095

Dsc00096

Dsc00097

Dsc00098

Dsc00099

.

.

.

その思いは、すぐに裏切られます。後半5分に、鈴木崇文選手のクロスから(左足からのクロスだったのですね)、酒井選手が今期初ゴールを決めます。

.

その後はディフェンスの足が止まりつつあるSAGAWA SHIGAに対して、ゼルビアの猛攻。

Dsc00100

Dsc00101

Dsc00102

Dsc00103

Dsc00104

.

.

.

後半12分、ディミッチ選手が得たフリーキックから、鈴木崇文選手が直接フリーキックを決め、2-0.

.

Dsc00105

Dsc00106

Dsc00107

Dsc00108

.

.

.

さらに後半19分、鈴木崇文選手が本田圭佑ばりにディフェンダー2人を引き連れ、重戦車の如くドリブル突破し、空いたスぺースのディミッチ選手へパス、落ち着いてディミッチ選手が得点を決め、3-0とします。

.

実はその後もいくつか得点を決められるシーンがあったのですが、決めきれませんでした。

.

この競技場、時間経過を示すものがなかったので、3-0になってからも、後半終了までにペットボトルの飲料がもつだろうか、、などとしか考えていなかったのですが、

セットプレー絡みから、立て続けに2点を取られると、いよいよ心配になってきます。

相手の2点目の前に、この日は自分の全ての武器を惜しみなく出し続けた鈴木崇文選手が途中交替し、北井選手も投入されないというところで、相手選手がゼルビアに思う怖さがこの時間帯にはなくなってしまったような気がしました。

.

結局、後半44分に3点目を相手に決められてしまい、3-3という結果に終わりました。

.

Dsc00109

Dsc00110

Dsc00111

.

.

.

試合に負けた直後、帰りの新幹線の車内、一晩明けた朝、そしてブログを書いている今、、といろいろな気持ちが錯綜します。

.

SAGAWA SHIGAというネームバリューを考えてみれば、順当かつ善戦に終わったのだろうか、とか。

でも、JFL初年度のようなプロ契約2名しかいないチームでは、今はもうないはずではなかったか、とか。

ポポさんが目指すサッカーの最終形って、果たしてどんなところなのだろうか、とか。。。

.

まあ、観ていてやっぱり悔しい気持ちを抱く試合が多いので、いろいろなこと思っちゃいますけどね。

.

次週から、JFLも後期が始まり、もう2度目の対戦がはじまります。

対戦相手もゼルビアのわかりやすい弱点を研究してくるでしょうし、大変かもしれませんが、なんとか上位浮上のきっかけが掴めるといいですね。

.

.

.

.

FC町田ゼルビア 対 Honda FC 戦(2011.06.12)

1-0。Honda FCに初めてホームで勝利しました!

.

Dsc00073

Dsc00074

Dsc00075ゼルビアは勝又選手、津田選手を欠く少し苦しい布陣。FWに山腰選手が入り、左MFに星選手が、太田選手がセンターバックに入り、 ゴールキーパーには今期初めて修行選手が初スタメンです。

.

一方のHonda FCは、よく名の知れた新田純也選手がベンチですし、得点源となる選手が誰なのかがいまいちわかりませんでしたが、松本山雅FCを3-0で破っており、全くあなどれません。

.

試合開始後は、一進一退の攻防が続きます。

.

Dsc00076 前半に、相手選手に1対1とされてしまいますが、修行選手が体で防ぎます。その後は、ゼルビアの出足が鋭く、よくボールを奪い、攻守に良いプレーが続きます。

.

0-0で前半が終わりますが、後半にも期待がもてる内容でした。

.

Dsc00077

Dsc00078

Dsc00079

Dsc00080

.

.

そして後半、7分に星選手のクロスから、鈴木崇文選手がゴールを決め、先制します!

.

その後はチャンスをつかみながらも、なかなか得点を奪えませんが、修行選手が良くゴールを守り、また修行選手の前に、ディフェンス、ボランチの選手たちが、体を張ってシュートを遮ります。みな気合が入りようが凄かったです。

.

Dsc00083

Dsc00084

Dsc00085.

.

.

気合の入りようは途中出場した大前選手にも・・・。出場して7秒で、、ボールを奪おうとしたところ、無情にも相手DFのキックが顔面にヒットしてしまいます (゜Д゜)。

.

このときは、レッドカードだろおおおお!と思いましたが、(何度も撮った動画を見直すうちに)相手選手も意図的でないようで、カードが出なかったことは仕方がなかったかもしれません・・・。ただただ大前選手のガッツを見直すしかありませんでした。

.

また、、藤田選手もおじいさまの告別式を不参加してまで、キャプテンマークを腕に認め臨んだ一戦だったとは。。。前節の試合があのような形でなかったら、このようにはならなかったかもしれませんが、ただただ敬意を表するほかありません。。

.

Dsc00086 相手がHonda FCだけあって、非常に引き締まった試合となりましたが、前節の惨敗から気合を入れなおして、熱いながらも観ていて楽しいサッカーでその後も抑え、勝利しました。この日のような試合であれば、また観たいというお客さんも非常に多かろうと思います。

.

次週は観に行かれませんが、この試合のようなサッカーを、次のAC長野パルセイロ戦でも魅せてほしいです!行かれない私を後悔させてください!

.

.

ふわふわしています

買い物から帰ってきて、ツイッターを見ると0-2・・・。

.

うーむ、厳しいなあと思っているところに前半だけで0-3の報が。非常にこれにはショックでした。

.

後半、山腰選手が1点を返し、過剰な期待を抱きましたが、1-4の報にさらにショックで、1-5になるとショックを通り越して不思議とケロっとしているという、なんだかふわふわしているような時間を過ごしました。

.

ふわふわしているのは、試合を観れていないから。

.

ですから、本当はホームの試合で、こういう試合を見せつけて貰った方が、選手やサポーターが、よりいろいろと考えながらもさっぱりできるのかもしれないですけどね。(観客動員にはとても響きそうですが)

.

この敗戦を次のHonda FC戦や長野パルセイロ戦といった直近の試合ばかりでなく、いかにこれからまだまだ続くシーズンへの教訓につなげていくか、監督、コーチ、そして選手たちの奮起を少しでも期待したいですね。

.

いや、ふわふわしているけれど、本当はとても悔しいんですよ。負けて思うのは、ここぞという相手にことごとく勝てていないですし、本当に悔しいんですけれどね。。。

.

戸塚監督解任とな、、、

SC相模原、監督交代のお知らせ

SC相模原は、成績不振により戸塚哲也監督を5月31日付で解任すること
になりましたのでお知らせいたします。
なお、後任については、クラブ代表の望月重良が、、、、

http://www.sc-sagamihara.com/wp/archives/8080

FC町田ゼルビアをJFL昇格に導いた戸塚哲也さんが、関東2部リーグで連敗しただけで解任されたようです。。。まあ、若干生暖かく見守りながらも、なんだかんだいって一度も観に行ったこともないですし、まあなんですけど、、、本当に勿体ないことするなあ、残念な決断だなあと思えてなりません。

.

そもそも、クラブ創設以来、初となるリーグ戦での連敗を喫したって、、解任を正当化するためにその理由を強調することはあるのでしょうが、去年からリーグ自体ステップアップしているわけですし、、、去年の地域決勝大会を経験して、なぜに戸塚監督を招聘したのか、、、外野から見ると滑稽に思えてしょうがないですね。

.

戸塚監督を招聘してきたことで、チームの存在に脅威を感じはじめたところでしたが、どうやら思い違いだったようです。さて寝よう。

無失点勝利!ブラーボー!!

遅ればせながら、、、日曜日の佐川印刷戦は2-0の無失点勝利をおさめたとのことで、結果にほっとしています。GK吉田選手の堅守が光ったようですね。良かったです!!

.

あいにく、洗濯機の取付や段ボール箱からの取り出しやら、電話工事の立会やらで観戦に行かれずで、作業の間にサボッティングして、esjimaさんのツイッター実況を拝見していた次第です。

.

さすがの大雨で、観客動員は芳しくなかったようですが、野津田車庫からのアクセスについて、インセンティブがつくような対策が出てきていますし(本当はチームの勝敗に関わらずに、利用者が何か得られるとよいのですけど、、引き分け以下なら凹みますからね)、これから盛り返していけるといいですね。

.

来週は有光選手が好調なV・ファーレン長崎との対決ですね。島原か、、、、。もう少し行きやすいところだとよかったんですけどね。さすがにこの試合もツイッター観戦しつつ、引き続き家の整理に励むことになりそうです。

.

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

--------------------