2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

FC町田ゼルビア 対 松本山雅FC 戦(2011.05.22)

0-2。完敗でした。松本山雅の選手たちの気迫に押された試合でした。

.

いや、誰かさんがメンチカツを食べたからでもなく、誰かさんがアウェーの応援に来てくれたからというわけでもなく、コールリーダー殿がまた責任を感じることもないと思うのですけれど、ね、、、^皿^;

.

Dsc00054

Dsc00055

Dsc00056

あいにくの荒天でしたが、試合が始まるにつれて明るくなってきました。木島弟もベンチ入りしていませんでしたが、周りの観客が言うことにゃ、GKの選手が石川選手に戻ったことを好感しているようでした。

.

試合の方は、前半から後半を通じて、決してどれが悪いというわけではなく、DFは安定していたように思えます。ただ攻撃は最大の防御というところで、攻撃が依然機能していませんでした。セカンドボールや球際の強さなど、山雅の選手たちに気持ちで持っていかれたようにも思えます。

.

ほとんど前節のブラウブリッツ秋田の試合展開と変わらない感じで、どことなく点が取れるような気がしませんでした。

.

Dsc00058

Dsc00059_2

Dsc00060_2

Dsc00061_2

.

.

.

すると後半25分、セットプレーから飯田選手のヘッドが決まり松本山雅が先制します。

.

Dsc00066

Dsc00067

.

.

その後、ちょっとラッキー気味のPKを取って(ファウルの判定は終始山雅よりに見えましたけれど)、同点に追いつく願ってもないチャンスでしたが、ディミッチ選手が左ポストに当ててしまい、得点ならず。

.

そして、後半39分、2点目をまたもやセットプレーから決められ、万事休す。

Dsc00062_3

Dsc00064_5

Dsc00063_4

Dsc00065_2

.

.

.

まあ、試合が終わって、ヤケ食いして、中央線の中で3時間クールダウンしていますので、結構サバサバしていますけど、本来であれば一番負けてはいけない相手にこれでは、、、ホームであったらお客さんが再び観戦する気をなくしてしまうような本当に残念な試合でした。

.

次節は勝又選手が戻ってはいますが、だからって勝ち進むことができればそれでよいのか。。。パフォーマンスを含めいろいろと考えさせるような試合でした。まだ序盤6試合に過ぎないってことはあるんですけどね。

.

次節ホームでの佐川印刷戦は引越のため観戦に行かれませんが、課題を早く修正、克服していけることを願っています。

やってくれるはず!

いよいよ22日、松本山雅FC戦がアルウィンで開催されますね!

.

アルウィンは確かに素晴らしいスタジアムです。ただ敵チームだって頑張らせてしまうほど、魅力的なスタジアムなわけですな^皿^

.

確かに、去年11月のアルウィンでの試合で獅子奮迅の活躍をした勝又選手は出場できないけれども、、、、

.

背番号1と2と3と5と6と8と9と10と11と13と14と15と16と17と18と19と22と23と24と27と28と31の選手たちがブラーボー!!なことをやってくれるはずです!

.

FC町田ゼルビア 対 ブラウブリッツ秋田 戦(2011.05.15)

Img_2872_1

Img_2871_1 ブラウブリッツ秋田との試合は1-1のドローでした。

.

.

Dsc00041

Dsc00042

Dsc00043 勝又選手が出場できない試合ながらも、北井選手・ディミッチ選手の2トップは期待が持てます。

.

Dsc00036

Dsc00037

Dsc00039

Dsc00040

.

.

.

試合開始からは、なかなか素晴らしい展開で攻撃がつながります。前半6分に北井選手がドリブル突破から倒されて、フリーキックのチャンスを得ると、鈴木崇文選手の見事なフリーキックが決まり先制します!ここ3試合連続ゴールですし、昨年終盤もいくつかゴールを決めてくれている印象がありますが、そういえばフリーキックでのゴールは初めてで、やっと決まったか感も少々あります^皿^。

.

しかし、ゼルビアがよかった印象は、このゴール後、もう少しあとまで。あとは、ブラウブリッツのパス回しに翻弄されたか、前半30分を過ぎた頃には、圧倒的にブラウブリッツのペースが続きます。

.

Dsc00033

Dsc00034

Dsc00035

そして前半39分、トラップミスでボールを奪われて相手に攻撃がうつり、さらにパスミスを起点に、華麗な中央突破からズドン。ブラウブリッツ秋田の比嘉選手のゴールが決まり同点とされます。。。

.

そのまま前半が終了し、後半に入ります。

.

しかし後半になっても、同じような試合展開が続きます。確かにブラウブリッツ秋田には決定的とも言えるチャンスは作らせていなかったかもしれませんが、残念ながら「ブラウブリッツ秋田よ攻撃してくれ」とでも言わんばかりのミスが多く、会場から溜息が漏れ出します。

.

山腰選手が投入され、山腰選手1トップの形となった直後はいくつか惜しい形があったんですけどね。最後ロスタイムに、うまくやられた、と思わんばかりの相手ゴールが決まりましたが、オフサイドの笛に救われ、なんとか勝ち点1をゲットしました。

.

町田ゼルビアが悪いわりにも、そして終始素晴らしかったブラウブリッツ秋田から勝ち点を取れている、という点では評価できるのかもしれませんが、モヤモヤ感が残る試合でした。ユン・ソンヨル選手が当初のMFから、右サイドバックで出場しているように、スピードある斉藤広野選手を後半MFの位置で使うとか、厳しいのかな。。。

.

Dsc00045 まあ今日のような試合を繰り返さないことが大事です。次節アルウィンでの松本山雅FC戦では、私たちのモヤモヤ感を吹き飛ばす試合展開をぜひお願いしたいと思います!

.

.

盛りあがっていることが広くアピールできるといいのだけれど

先日(FC琉球戦の帰りです)、町田市内の親戚の家にお邪魔した際に、ゼルビアのことを聞くと、広報まちだを通じて知ってはいたが、野津田に3,000人も観客が集めているとは知らなかった、と言われました。

.

また、先日逗子に住む妹家族と会った際に、嫁の俺へのゼルバカに関する愚痴から、なんでそんなにサッカーに夢中になってるの?と言われ、咄嗟にビデオカメラ内のディミッチ選手のゴール動画(FC琉球戦)を見せると、「町田でこんなに盛り上がってたの?」と言われました。

.

知っている人はもちろん知っているけれど、野津田の山の丘の上で、これだけ盛り上がりを見せていることは、まだまだ思ったほど知られていないわけです。まあそれは市外に住んでいる一個人の感想に過ぎないのかもしれないけれど。

.

例えばesjimaさんの動画「旗の海」など、凄~~く盛り上がっている所が(お金をあまり使うことなく)うまく知れ渡るといいのにな、と強く思っているものの、アイデアが浮かばずにいて悶々としているところです。

今期初ドローでしたか

一応GW期間でしたので、是非とも行きたかった金沢でのツエーゲン金沢戦。

.

某配偶者から松本と天秤にかけられるなど、当日置き手紙でもして観戦に出ていったろかとも思いましたが、泣く泣く観戦をあきらめました。

.

当日はピコーンサイトとゼルビア人であるesjimaさんのツイッター実況を頼りにしていました。後半に鈴木崇文選手が2試合連続のゴールを決め、盛り上がりましたが、歓喜もつかの間、PKで追い付かれ、1-1のドローでした。

.

元々勝つこと自体が、生易しいものではないですし、致し方ないでしょう。。。次節のホーム野津田でのブラウブリッツ秋田戦は切り替えて、勝ち点を積み上げてほしいと思います。

.

勝又選手はレッドカードで退場とのことですが、なんとか1試合出場停止に留めていただいて、その有り余る力は次々節のアウェー松本山雅戦で爆発させてほしいと思います!

.

FC町田ゼルビア 対 FC琉球 戦(2011.05.03)

MIOびわこ草津戦に引き続いて、だいぶ遅れてのアップ。。。

.

Img_2865

Img_2864

昨年のホームでのFC琉球戦は、残念な判定のせいで1-3で敗れ、悔しい思いをしたことを今でも覚えています。今年のFC琉球は寺川選手や我那覇選手、栃木ウーヴァFCから高橋選手を獲得し、かなり戦力を上乗せしており、とても脅威です。会場ではフロンターレのユニの方が何人かいましたね。

.

Img_2866

Img_2867

多くのFC琉球サポーターが駆けつけてくれました。遠いところ、ありがとうございます。

.

201105031356381

201105031356382

大方の予想に反して、我那覇選手はベンチスタートです。しかし、後半疲れたころに出てくるのは脅威だろうと思います。前の試合からゼルビアは中2日しか期間が空いていなかったですし。

.

201105031402291

201105031402292

201105031402293

先制点が大事となる試合で、いきなり前半4分に勝又選手がやってくれます!

その後もよい展開が続きますが、点が入りません。

201105031420581

201105031420582

201105031420583

201105031420584

.

.

.

すると前半22分に、セットプレーから大澤選手に決められ、同点とされてしまいます。

.

201105031424571

201105031424572

201105031424573

201105031424574

.

.

.

それでもその4分後に、混戦から勝又選手がこの日2得点目を入れます。結構小川選手の粘りとか効いているんですよね。

.

前半は2-1で終了します。この前後からかなり雨が降ってきます。

.

201105031459551

後半開始から、我那覇選手が登場します。正直怖いっす。。

.

.

FC琉球の選手たちは、落ち着きをもってボールをキープし、おお、ここで横にパスするか、と感心させられたりして、ああやっぱり好調なチームなんだなー、など思っていました。

.

201105031509281

201105031509282

201105031509283

201105031509284

.

.

.

ここで鈴木崇文選手の後半のゴールが大きかったです。こぼれ球を拾って、勝又選手にDFがつられたシュートコースが空いたところをドカン。このゴールでずいぶん楽になったような気がしました。

.

その後は町田ゼルビアのペースが続き、猛攻をしかけます。

201105031531461

201105031531462

201105031531463

201105031531464_2

.

.

.

ディミッチ選手の美しいシュートが決まり4点目

.

201105031536441

201105031536442

201105031536443

201105031536444

.

.

.

「持ってる」北井選手の出場して間もなくの2試合連続ゴールなどあり、5-1で勝利しました。去年からのFC琉球戦のモヤモヤ感(某40番選手にケチョンケチョンに書かれたことも含めて)が払拭できたような胸の空く試合でした。

.

201105031558471

しかし、FWの先発に関して、いろいろと組合せができるようになったことは大きいですね。仮に勝又選手×北井選手、またはディミッチ選手×北井選手などの組合せでも戦術に遜色がなくなってきたような気がします。

.

あいにくの曇天から雨天という天気でしたが、平均3000人を超える3011人の観客が集まりました。いつまでもアクセスがうんぬん言っててもしょうがなく、ポポヴィッチ監督がおっしゃるように、観に行かなければ後悔する試合が野津田で繰り広げられていること、これを広くアピールしていけるとよいですね。

.

試合の後、私の挙式に参加して戴いた町田市内の嫁の親戚の家にユニフォーム姿で登場してゼルビアをアピールし、その後、二代目さんのところで祝杯をあげて帰りました。

.

何ともブラボーな一日でした。

.

.

FC町田ゼルビア 対 MIOびわこ草津 戦(2011.04.30)

Img_2830_1_2

Img_2829_1_2

リーグ戦2戦目は、東近江市布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)でのMIOびわこ草津戦でした。

.

昨年11月に開催されたこの地での最終戦では、3-1からの逆転負けを喫し、2位浮上がなりませんでした。そのため、前節の横河武蔵野FCとの敗戦、そして昨年の最終戦でのリベンジを兼ねての戦いとなります。

.

Img_2833_1

MIOびわこのアウェー試合は、ゴールデンウィーク期間に開催されることが多いため、たまたま3年連続で観戦しているのですが、スタジアムDJの方がパワーアップしています。

.

Img_2835_1

Img_2836_1

スタメンは、ディミッチ選手が体調不良のようでベンチに回り、期待の北井選手が勝又選手との2トップを形成します。

.

201104301300051

201104301300052

201104301300053

201104301300054

.

その北井選手、昨年のこの地での試合ではPKを外してしまい、昨年はリーグ戦での得点がならなかったわけですが、、いきなり前半開始1分!酒井選手からのパスからリーグ戦初ゴールを決めて先制します!

.

その後もかなりの支配率をもって攻め込みます。すると、前半37分相手DFの選手が2枚目のイエローカードで退場となります。その後は猛攻となりますが、ここからMIOびわこ草津のディフェンダーおよびGKがよく守り1-0でリードしたまま、前半を終えます。

.

ハーフタイム中にスタジアムDJの方々が、やはり昨年の逆転した試合を持ち出して会場の応援を煽っていましたが、確かにまだまだ油断がなりません。

.

201104301405421

201104301405422

しかし後半6分に、猛烈な駆け上がりを見せる藤田選手を相手DFが倒してしまいPKに。勝又選手が今期初得点を入れます。

.

201104301412041

201104301412042

201104301412043

さらに、後半12分、勝又選手のパスから柳崎選手が抜け出し、3点目を入れます!

.

201104301412044

201104301412045

このとき、昨年までゼルビアに在籍していた半田選手が途中交替で入り、町田側からも大きな声援が送られます。

.

201104301416001

201104301416002

201104301416003

半田選手が入ってから、数的不利ながらMIOびわこ草津はチャンスを作れるようになり、クリアが相手選手にうまいこと流れてしまい、ファインゴールを決められてしまいます。

.

201104301421061

201104301421062

201104301421063

その後は、北井ルーレットや、、

.

.

201104301422331

201104301422332

201104301422333

201104301422334

酒井選手と北井選手が抜け出し、やっと酒井選手のゴールが納められる!と思った瞬間、GKにクリアされゴールならずなど、見所がたくさんありました^^;

.

201104301423451

201104301423452

201104301423453

201104301423454

その後、途中出場の太田選手が出場から3分でゴールを決めると、

.

201104301427081

201104301427082

201104301427083

勝又選手がハーフラインからドリブルで駆け上がり、2点目を上げ、、さらに、、、

.

.

201104301447371

201104301447372

201104301447373

201104301447374

ディミッチ選手が後半ロスタイムにドラガンループ(勝手に命名)による得点で計6点。6-1の快勝でした。

.

201104301450141

この試合は前半序盤から11人対10人という試合だったため、MIOびわこ草津にとっては致し方ない部分がありました。

さて次の野津田での戦いではどうなるだろうか、と思っていたのですが、その懸念は良い意味で裏切られることになりましたね。暫くはこのペースを維持して勝ち点を稼いでほしいと思います!

.

201104301453521

試合後、負傷欠場中の久利選手のユニフォームを着て、声援に応えていた北井選手。

.

201104301454481

仲良く談笑していた勝又選手と半田選手。この2人は本当に仲がよさそうです^^

.

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

--------------------