2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

TM横浜Fマリノス戦

Img_2658_1

是非とも行きたかった横浜Fマリノスとのトレーニングマッチ。急遽都合ができて、マリノスタウンへ行って参りました。

.

Img_2637_1

Img_2641_1

いや、もう、、、なんて言いますか、、、素晴らしすぎる施設。しかも横浜駅から徒歩15分という地の利。町田にも埋立地があったらなあ、とは思わないけど・・・。

.

Img_2647_1

JFLのリーグ戦開幕は2週間後ですが、J1はもう来週からリーグ戦が始まります。ですので、Fマリノスのメンバーも、次週の名古屋グランパスと戦うJ1開幕戦に出場するであろうメンバーで構成されているようです。

尚、練習場併設のスタンドはゴール裏に位置し、前半は手前から奥に攻め込む構図となります。

.

試合の方は、、、あまり詳細には書けませんが、前半は中盤でのパスミスといいますか、J1チームのそのスピードからかパスカットをされてしまうことが多く、全体の動きがいまいち。Fマリノスにボールを回され、シュートシーンまで持っていかれることが多かったような気がします。

.

GKとディフェンダーとの連携が明確であれば、防げたのではないかと思われた失点により、0-1とされてしまいます。さらにFマリノスの攻撃が続きますが、GK吉田選手が決定的なシーンをなんとかしのぎ、最少得点差で前半(1本目)を終了します。

.

Img_2649_2

後半(2本目)開始も、Fマリノスに立て続けに3本ほどシュートを許します。次第にゼルビアは両サイドを使った攻撃が機能するようになってきましたが、逆に失点を重ねてしまいます。

.

しかし、直後にフリーキックのチャンスから混戦となり、最後はDF田代選手が古巣相手にゴールを押し込み、再び1点差とします。それ以降、危ないシーンはいくつかありながらも、ゼルビアの攻勢、そして猛攻と言ってよい攻撃が続くようになりました。負けている展開ではありましたが、後半は贔屓目にみても互角以上の展開に持ち込み、相手ゴールを幾度となく脅かし続けます。あとはシュートで終わらせるところまで、持ち込めるとよかったのですが、黄色いシューズの選手が起点となり、猛攻を支え続けました。

.

Mvi_2653_1

それでも、残念ながら試合はそのまま終了し、惜しくも2-1で敗戦となりました。

J1のチームと対峙しながらも、後半(2本目)のような攻撃的で面白いサッカーを継続・追及していけば、JFLリーグ戦での結果は自ずとついてくるだろう。そんな印象を強く受けました。早く公式戦でのチームの活躍がみたいです。

また、後半は私たちが座るスタンドに向かってゼルビアが攻め込む構図でしたので、勝又選手や北井選手の迫力ある突破が見られてよかったです。

.

その後は、用事のためにほどなくマリノスタウンから出てしまったのですが、暖かい陽気の中での今日の試合と、夕方の用件とあわせて、ブラーボォー!な1日、大変有意義な1日を過ごすことができました。

町田市の成長・発展を望む者として

「FC町田ゼルビアへのJリーグ加盟のための支援を求める請願」の署名期日が、あと4日と迫ってきております。

.

具体的にはJリーグ2部(J2)へ昇格するために、町田市野津田町にあります町田市陸上競技場にてJリーグの開催ができるようにメインスタンドの改修工事を町田市議会で可決して戴くため、その後押しをするための請願ということになります。

.

署名の内容自体が、『FC町田ゼルビアへの~』となっていますので、なんで町田ゼルビアのために町田市の税金を多く使わなければならないのか、という反対的な意見もあるかもしれません。

ただ今回のこの改修工事について、町田ゼルビアであるとか、町田のサッカーのためだけでなくて、むしろもっと町田市という街がこれからどう成長・発展していけるのか、という点に興味を抱いています。

.

僕は、、、別に少年時代にサッカーをやっていたわけでもありません。(むしろなんでみんなサッカーばかりやっているんだろう、、、と思っていたくらいサッカーには否定的でした)。

既に会社の事情により町田市民ではなかったけれど、町田を冠とするふるさとの街のチームをあったから、それがきっかけで僕は町田という街を今でも気にかけるようになったんですよね。

.

その町田ゼルビアは、町田市陸上競技場での開催では、隔週で市内外から3000人強を呼び込む資産となっています。さらにJリーグへ昇格への道を作ることで、いろいろあって町田を離れてしまった人々が、何かの縁で町田での盛り上がりを知って、実際に再び町田を訪れてみよう、気になるな、という機運を生みだし、これまでの『負』のイメージを払しょくできる「町田を代表する資産」に、なっていくと考えます。

.

今回の改修可否の決定には、町田市の税金が多く含まれます。金銭的には僕自身もふるさと納税をする程度の協力しかできませんが。。。決定を後押しして貰うための署名は今でもまだ間に合います。

.

町田市の方々も、僕のように町田市から転居した方々も、全く町田とは縁がない方も、、ごく短い期間となりますが、下記のページにアクセスして、署名の協力をしていただければと思います。

http://jdreammachida.blog118.fc2.com/blog-entry-118.html

.

事務局への郵送または二代目ラーメン酒場さんへの持参であれば、3月4日(金)の到着分まで受付可だそうです。

↓ ↓

署名活動の期限(2月28日)まで、あと4日と迫ってまいりました。
ご協力いただいている皆様より、既に多くの署名が届いております。

集まりました署名は、請願書と併せて町田市議会3月定例会へ提出の予定です。
当会と致しましては、3月7日(月)に同議会への持参を予定しております。
そのため最終的な集計作業は3月5日(土)、6日(日)となります。

皆様からの署名を1筆でも多く請願書に載せるために、事務局へのご郵送と*二代目ラーメン酒場へのご持参については3月4日(金)の到着分まで受付をさせていただきたいと思います。
*二代目ラーメン酒場は2月28日(月)は定休日ですので、ご注意ください。

(いつもなんだけど)夜中に書いているから、いろいろと説明不足かもしれません。。。その点御容赦ください^^;

TM横河武蔵野戦

町田ゼルビアを取り巻くいろいろな状況に不安はあるも、こっち(グラウンド)の方は別腹で。

.

19日の必勝祈願・街頭出陣式へは行かれませんでしたが、横河武蔵野FCとのトレーニングマッチに行ってきました。

.

Img_2610_1

横河電機グラウンドは三鷹駅からほど近い距離にあります。人工芝ですが、このグラウンド。。。サポーターが練習を見るのには、よい環境ですね。

.

.

Img_2617_1

座れるような席はなかったけど、3本目終了まで見てました。総括すると今年もシーズンでの横河武蔵野FCとの戦いは拮抗するでしょう。

.

.

Img_2628_1 3本目から出場した、謎の若いディフェンダー。私のつたない検索能力ではどのような選手なのか調べきれませんでした。。。

.

.

Mvi_2632_1

3本目途中で負傷交代した久利選手。大事に至らないことを願っています。

.

ザル試算

過去に直行シャトルバスを補助金でまかなっていた際の、平成21年度 地方の元気再生事業 事業実施調書によれば、1日の直行シャトルバス運行に72万円が掛かるということになっていますね。結構掛かるのですね。。。(去年の実績や今年度シャトルバス運行の検討に値するコストは調べきれていませんが…)

.

今はこの数字しか出ていなかったので、これを元に勝手に かつえいやで試算します。1人あたり500~600円で計算しても、子供さんの入場も多いでしょうから、さらに客単価が下がるとして、2000人強利用してくれないと、ペイできないような計算となりそう。厳しいよね。。。

.

ぶっちゃけ本当に申し訳ないけど、車での利用者にも一部一緒に泣いて負担してもらう、としないと中々落ち着かないかもしれません。。。もちろん、市の公園で、一般車両もいる中で、どうやって誰が徴収するんだ!という怒りの声が聞こえてきそう。でもドライバー1人分くらいダメ?

.

うーんうーん、怒りにまかせて前回書いちゃったけど、難しいのも事実。。。

.

でもねえ、試合後500人とか1000人とかが陸上競技場の敷地で停滞するのではなく、野津田車庫バス停で停滞することを想定すると、懸念と不安しか頭によぎらないんだよね。

.

とりあえず、寝よう

アクセス・・・、ないわ~

2011シーズンのシャトルバス運行中止に関して

http://zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=201102&num=1486

うーん、、噂では聞いていて、カミングアウトというか、発表時にはもう少し良い状況
に進展するかと思っていましたが、そのまま出てしまいましたね。。。

.

サポーターの方々にとっては温度差がある問題かもしれません。ただ正直やや遠方から電車で来て、毎回シャトルバスを利用している私にとっては痛恨の一
撃以外の何物でもありません。ていうか、ないです。ありえないです。

.

「Jリーグ入会に向けて、立地に関係なくFC町田ゼルビアは集客ができ、経営の自立ができるクラブであることを対外的に示していくため。」

・・・残念ながら、理由の意味が全くわかりません。

.

鶴川駅からの無料直通バスは、これまでできすぎだったとしても、他のアウェー会場へ行くと有料が当たり前でしたし、昨年の天皇杯3回戦で新潟へ行ったときも、新潟駅からビッグスワンまで往復で500円近く取っていましたよ。。ですから単純にドライに運賃を取ってくれればそれはそれで納得できたんですけどねえ。

.

それを結論ありき(まあ議論を積み重ねた上での結果なのでしょうが)で、「運営オペレーション及び運輸会社などの関係もあり」という話で終わらせてしまっているところが、がっかりを助長させます。

.

今年の成功は、昨年の延長上にあって成り立つものだと思うのですが。。。そのあたりはあまりにも考えが浅いような気がしています。時間的には当然ないのでしょうが、試合日に公共機関でいらっしゃるスタッフは皆無なのでしょうね。

.

(アクセスに限っての話ですが)最低限のホスピタリティができないようではなあ、、、これが町田の全てだと思われてしまうだろうことが、本当に残念でなりません。俺自身は全然登っていくとしても、友達や連れを招待しようにもなあ、駅からバスで15分、そして山を登って15分。。。どういう微妙な反応をされるのかが明らかに感じ取れますね。

.

とまあ、そんなことばかり言っていても仕方がないのか。何か考えなければね。。。一旦切ろう。

自虐

カマタマーレ讃岐のJリーグ準加盟を承認

http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20110215-737450.html

カマタマーレ讃岐は準加盟が承認されましたが、ツエーゲン金沢、FC琉球は一旦見送りの措置が取られたようですですね。。。香川県も石川県も沖縄県も、Jリーグチーム空白地ですので、優遇とは言わないまでも順当に準加盟承認の裁定が下るものかと思っていました。

.

理由はああだこうだ言われていますけど、結局ハコなんでしょうけどね。ハコ。地域密着とか、、あんまり関係ないですもんね。あのリーグは一体何を目指したいのか・・・。あのリーグにガツンとモノを言える第三者機関はないのでしょうか?と思うときがあります。川淵さんくらいなのでしょうかねえ。

野津田へ(5日の行動その2)

本当はその1、その2と分ける必要はないんですけど、たまにIEが予期せぬエラーを起こしてしまって、先日書いていた文章が飛んでしまったことがあったので、、、

.

元々中央大学のトレーニングマッチを見終えた後は、多摩センター経由で野津田の現状を見に行こうと思っていました。そのトレーニングマッチで、先日ドラガン・ディミッチ選手について詳細な調査をブログにて報告されていたKK(kreis_kraft)さんとお会いして、お言葉に甘えて野津田まで車で送っていただきました^^>

.

久しぶりの野津田は、いろいろと変わっておりました。工事日だったため、中に入らず外から撮影したので、詳細はわからないところもあります。

.

Img_2505_1

外周フェンスの取付工事中でした。

.

.

Img_2503_1

Img_2504_1

バックスタンド側の座席は取りつけ終了でしょうか。個人的な思いを言えば、客席のMACHIDAの字の部分はイエローでなくてネイビー・濃青系がよかったです。

.

Img_2509_1

Img_2510_1 今度町田のホーム側となるゴール裏席あたりも外側に下りられる階段が設置され、後は手すりの設置を残すのみとなっているようです。

.

Img_2514_1

Img_2516_1

野津田陸上競技場を1周半ほどしましたが、落葉樹の葉が落ちた現在でも、中々撮影スポットがなかったです。それはそれでシーズン中はいいことなんですけどね^^;

.

その後は、鎌倉街道を南下し、昔よくウォーキングをしていた恩田川沿いを上流端から高瀬橋(成瀬街道)まで歩いて帰りました。

Img_2518_1_2

Img_2520_1

Img_2521_1

Mvi_2523_1

.

.

.

Img_2524_1

Img_2525_1

.

.

.

恩田川も川床工事中でした^^; また春になったら歩こうと思います。

.

都合10キロ強歩きましたけど、高瀬橋傍のプロントで甘いものを飲んで、その後アウェー松本山雅戦後以来でしたが、二代目ラーメン酒場さんにお邪魔して、たらふく飲んで食べて帰りましたので、カロリー消費的にはノーコメントです^^;

.

TM中央大学戦(5日の行動その1)

初めてですが、トレーニングマッチを観に中央大学まで行ってきました。やはり試合観戦に飢えている、新しいゼルビアが早く見たい、、そんな衝動に駆られての結果です。

.

Img_2492_1

会場自体は、多摩モノレールの最寄り駅を出て、何分歩いたら着くんだろう?と思わされました。ようやく敷地西奥にあるサッカー場に着いたのが試合開始20分くらい前だったでしょうか。スタッフの方や中央大学の方からも挨拶の声をかけていただきました。

.

Img_2494_1

いや~この近さが素晴らしい。試合が開始してからも続々とサポーターの方々が集まっていて活況でした。

.

Mvi_2496_1

トレーニングマッチの性質上、多くは書くことができませんが、前後半60分ハーフの練習試合は初めてみました^^;(注:前半=1本目、後半=2本目とお考え下さい。1本目と2本目では、GKを除いて少なくともゼルビア側の選手は総入れ替えでした)

.

中央大学は前日にフロンターレとも練習試合をしているようですし、背番号が大きい選手が多かったので、何とも言えないところですが、前半は見ている席から近いこともあってか、北井選手とユン選手がとても目立っていたように見えました。

.

後半は、去年のレギュラー組の選手が多く出場していましたが、中央大学の選手が得点を奪うなど、まだまだ連携などの面でこれからの部分が出ています。まあ、まだこれからですね。

.

このトレーニングマッチでは、前後半を通じて何人かの選手が、昨年とは違うポジションでプレーしていました。単に人数の都合なのか、複数のポジションを務めさせるコンセプトなのか、本格的なコンバートなのかはわかりかねますが。。。

.

また、ポポヴィッチ監督は、良いプレーには「ブラーボォー!」と声を挙げ、悪いプレーには激しく怒り、時々ウィットに富んだ(選手にとっては皮肉か^^;)掛け声を送っていました。ゲームの中でも、「このときはこうしていけ」というような忠告を何度となく送っていましたね。

.

しかし、今日の試合を観て思ったのは、開幕戦のスターティングメンバーが全く想像がつかないこと!新戦力が全員、昨年の戦力・レギュラー戦力を確実に脅かしています。このような状態は、想像がつかなかったことで、チームの方針といいますか、スカウトの目は間違っていないのだな、と感心させられました。

.

ただレギュラー争いの末に激しいプレーが今後多くなると思います。ゆえの怪我が怖いので、そこは大きな怪我なく開幕を迎えてほしいのが願いです。

.

うーん、9日の横浜FC戦も観てみたいですねえ・・・。

.

ユニフォーム

開幕試合前に間に合わせよう!とか別に思ってたわけではないんですけど、思いっきり乗せられて買ってしまいました。

お願いですから来年以降はJCBで買わせてほしい。。。などと思ったけど。。。

奥さんには内緒で買っていますので、自宅にユニフォームが届いたときに、奥さんに怒られるような気がしますが、そのときはそのときで^^;

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

--------------------