2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 見届ける | トップページ | これからも一喜一憂 »

MIOびわこ草津 対 FC町田ゼルビア 戦(2010年11月28日)

最終戦は3-4で敗れました。

.

Img_2217_1

ホーム会場である布引グリーンスタジアムは東近江市という聞きなれない町に新しくできたスタジアムです。きれいですね。こけら落としとなる3節前の試合ではMIOびわこ草津がガイナーレ鳥取を5-0のスコアで破っています。

.

Img_2220_1

Img_2225_1_2

写真ではわかりにくいかと思いますが、北側の平地よりも一段高い丘?台地?上に建設されています。何が言いたいかというと風がよく通って寒かったです。太鼓の音などは北側の八日市の街に響くかもしれませんね。

.

Img_2218_1

昨年のMIOびわこ草津との対戦では、県を超えた三重県鈴鹿で開催されたこともあって、どちらかというとゼルビア側の応援が多かった気がします。その中で「ようこそいらっしゃいました」的なホスピタリティをこちらの方がしてくれていたのですが、今年はゼルビア側のファンも多かったのですが、MIOびわこを応援する人が多数いたこともあり、全体で1800人近いお客さんが来ていました。そのためか、テンションが去年とは全然違っていたような気がしています。それでもアウェイチームに対するホスピタリティは健在でしたが。

.

Img_2229_1_2

Img_2230_1_3 

Img_2231_1

.

.

スターティングメンバーは最終節も不動でした。試合の方は、先取点を早々に奪われながらも、ゼルビアがハイペースに3点を取得します。ただテンションが上がっているのかMIOびわこ草津全体がキレのある動き、そしてサイドチェンジ攻撃を駆使し、前半までに追い付いてしまいます。

.

Mvi_2299

後半は相手DFのクリアボールがバーに当たったり、PKのチャンスあり、鈴木崇文選手のゴールの角に当たるフリーキックなど惜しいシーンがありましたが、点が入りません。一方で、MIOびわこ草津の攻撃は、残念ながら終始痛快であり、とうとう逆転されてしまいます。

.

後半開始早々から「レッツゴー!町田!」コールあり、クルヴァのみなさんも高台からスタンド最前列に移動し、声援を送ります。

Mvi_2346_1

しかし中盤がつながらなくなり、そのまま試合が終了となってしまいます。4失点、、、ということで町田ゼルビア側にチャンスはあったものの、実際のところは、もう2、3点取られてもおかしくなかった試合でした。

.

これで2010年のゼルビアのシーズンが終了しました。シーズン3位という成績は、本来であればガイナーレとともにムニャムニャムニャ、という順位なのですが、ある組織「裸の王様」による判定は、今でも非常に残念であると思っています。

.

とりあえず、という言葉で結ぶのもなんですけど、、今期戦った全ての選手・関係者方々へは熱い試合を魅せてくれて感謝の気持で一杯です。どうもありがとうございました。

.

.

.

.

.

.

« 見届ける | トップページ | これからも一喜一憂 »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

動画をありがとうございます。
得点はどれも技術の結晶という感じですね。

kaishain110様
コメントありがとうございます。
3ゴールそれぞれが、いかにも崇文・勝又・木島各選手「らしい」ゴールだったような気がしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87516/50169465

この記事へのトラックバック一覧です: MIOびわこ草津 対 FC町田ゼルビア 戦(2010年11月28日) :

« 見届ける | トップページ | これからも一喜一憂 »

--------------------