2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 栃木ウーヴァFC 対 FC町田ゼルビア戦(2010年9月26日) | トップページ | FC町田ゼルビア 対 アルビレックス新潟戦(2010年10月9日) »

FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎戦(2010年10月1日)

Img_1453_1

V・ファーレン長崎戦は初の江戸川区陸上競技場での開催でした。

試合時間が19時開始ということもあって、東西線および会場までのバスの混雑が激しく、着いたときは既に放心状態でした。バックスタンドは閉鎖されているため無観客試合的な様相ですが、メインスタンド側の客席数が多く、いい雰囲気を醸し出しています。一つ残念だったのは音響を絞っているせいか、和田翼さんのアナウンスがほとんど聞き取れなかったというところでしょうか。

Img_1457_1_2

V・ファーレン長崎サポは出島での応援を余儀なくされ、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱい。。。

Img_1459_1

Img_1460_1

Img_1461_1

V・ファーレン長崎は町田ゼルビアと同じ昨シーズンからJFLで戦いの場を移していますが、直接対決としては今年前期に初めて勝利をおさめた以外はほぼドローと実力的に互角のチームです。オレンジのユニフォームが仮想アルビレックス新潟を連想させてしまいます。

試合の方は、なんというか審判との戦い。ゼルビアの方が攻め手は多いのですが、審判の判定が辛く思い通りの展開に持ち込めません。一方V・ファーレン長崎は攻め手は多くないながらも、シュートまで持ち込みゴールを脅かします。展開としては(ゼルビアの攻撃に)「あ~あ」、(V・ファーレンの攻撃に)「危ねえええええ~」、(審判の判定に)「なんでだよっっっ!!!(さまあ~ず三村調)」。こんなループのまま後半へ突入します。

案の定というか、0-0または1-0程度の展開かな~、審判で負けたくないな~と思っていたところ、1985年阪神タイガーズ バックスクリーン3連発を勝手に思い起こさせるような出来事が発生します!!

後半18分、酒井選手のスルーパスを起点に、勝又選手がスライディングで飛び込み先制ゴール!!

後半20分、先程と同じような速攻で、酒井選手のクロスから木島選手の2試合連続ゴール!!

後半21分、木島選手がドリブルで持ち込み、こぼれたところを4人のドフリー軍団の中から柳崎選手が代表してゴール!!

なんと3分間で3ゴール!!V・ファーレン長崎のディフェンスがこの3分間だけ、いつもの状況ではなかった、そんな感じがします。なんだかいつのまにか3-0という状況に、こちらも呆然としてしまっていますが、そんな中相手の決定力不足にも恵まれ、無失点で勝利しました!

ただ一つヒヤヒヤさせられるところがあるのですが、ディフェンスのふりほどき方とか最近の木島選手のプレーが危なっかしいのがちょっとだけ懸念であります。これから後半も大事な試合が続くので、なんとか前期の頃のプレーをしてほしいと思っております<(_ _)>。

勝利だったことや、観客数も1,500人を超え盛り上がりをみせたこともあって、心象が凄くよかったのですが、たまには金曜日の夜に区部で開催される試合もよいな、と思いました。一人だったら地図がなければ全然違う方向に進んでしまいそうなジグザグ道を気持ちよく西葛西まで歩いて帰ったのでした。

さあ、次戦はアルビレックス新潟との対J1初試合です。ヴェルディ戦、そして今日の試合のような攻撃がどこまで通じるのか、もう楽しみで仕方がありません。

« 栃木ウーヴァFC 対 FC町田ゼルビア戦(2010年9月26日) | トップページ | FC町田ゼルビア 対 アルビレックス新潟戦(2010年10月9日) »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87516/49623664

この記事へのトラックバック一覧です: FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎戦(2010年10月1日):

« 栃木ウーヴァFC 対 FC町田ゼルビア戦(2010年9月26日) | トップページ | FC町田ゼルビア 対 アルビレックス新潟戦(2010年10月9日) »

--------------------