2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎戦(2010年10月1日) | トップページ | ミーハー »

FC町田ゼルビア 対 アルビレックス新潟戦(2010年10月9日)

初めてのJ1チームとの対戦は、残念ながら1-2で敗戦しました。

Img_1667_1

まず試合会場である東北電力ビッグスワンスタジアムは陸上競技場ということもありますが、そのでかさが半端なかったです。
隣のハードオフエコスタジアム新潟とあわせてインフラそして広い平地、なんともうらやましい限り。

.

Img_1583_1_2

中もまあ大きいこと。あいにく強風が伴う雨天であり、1層目の前列の方は雨が吹き込む環境でしたが、それでも大部分を覆う屋根が守ってくれます。

.

町田ゼルビア側のSA席に座りたいと思っていたのですが、総合案内で聞いてもなんとなくかみ合わない感じでした。天皇杯2回戦、西が丘での東京ヴェルディ戦のようにホーム・アウェイ側が分かれているのではなく、ほぼ360度に渡って新潟サポで埋め尽くされる前提の区分のため、そういう概念がなかったようですね。。
よって席割りの上ではクルヴァの皆さんが陣取っている側のSA席に座りましたが、徐々に席の廻りはオレンジのサポーターに埋め尽くされていきます。。

.

Img_1584_1

そんなアウエー感を感じながらも、クルヴァさんたちを筆頭とする町田サポの応援は熱く感動させられました。(写真は試合開始1時間前のものです)

屋根に反響していることと、この日は狭い範囲ながらもコンコース通路まで連なって応援していて非常に頼もしかったです。結構これだけでも目頭がやばい。。こんなときこそあの席で一緒に、と思う自分と、動画を通じて余韻や雰囲気を少しでも伝えられれば、という自分とで葛藤が結構あるんですよね。。結局前売りは前夜の夜遅くにぎりぎりで購入していました。

.

Img_1608_1

それはさておき、この大きな会場の中、試合開始前、選手入場、キックオフの瞬間、あらゆる場面において感動と高揚と緊張がクロスします。ああ目頭がやばい。

.

試合の方は、BS中継を参照いただくことに。。。新聞の報道におけるいわゆるアルビレックス新潟の順当勝ち的な表現がとても悔しく、後半の闘いが前半からできていれば、きっともっと違った結果が出ていたでしょう。
J1のチームに対しても攻撃が通じるところがあり、悔しいながらも嬉しくそして楽しい思いがしたのも事実です。

.

もう一つ、実際に観戦をして、やはりJ1ともなると判断力やスピードがJFLのそれとでは違うなあ、と思わされました。JFLでの戦いならばこれは通るだろうというパスをいとも簡単に、またはスライディングでかっさらっていくなど驚かされること多々。普段見ているJリーグ中継と実際に見るのとでは迫力がまた違うのだなあ、と思わされました。

.

YouTubeにアップロードさせて戴いておりますが、試合終了後のエールの交換とか、ああまた目頭がやばくなって、何回この日はやばかったのだろう、、、

.

チームとしては来年はどうなのかいろいろある状況下の中、初めてのJ1チームとの対戦は、なんというか特別な充実感を持って過ごせることができました。

.

そう遠くないうちに、また今度はリーグ戦で、このスタジアムでの応援に参じることができればと心から切望する思いです。

« FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎戦(2010年10月1日) | トップページ | ミーハー »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

本当に素晴らしい戦いでしたよ、ゼルビアさんは!
後半なんてアルビ戦士も振りまわされること少なくなかったですもん(苦笑)
そして、それを後押しできたまとまった応援したゼルビアサポさんも凄かった!
天皇杯だからいつもならズラッと並ぶ屋台もほぼなかったし、天皇杯&風雨で
リーグ戦の6分の1も入らなくて寂しいスタジアムでしたが、今度近い将来
同じJ1のチームとして来て下さる時には、四方八方オレンジで迎えられたら!
楽しみに待っていますよ♪

先日は遠くまでありがとうございました。
YuTubuにアップされた動画リンクさせていただきました。

本音で、町田ゼルビア強かったです。
アルビレックスはヨンチョルを韓国代表で欠いていたものの、そのほかはベストメンバーでした。
今年はともかく、昨年は一時首位をキープしていたチームです(1ヶ月だけですが)

それよりもサポがいいです。応援が。
先にアルビコールを頂戴して正直焦りました。

3位に着けてるのにJリーグ昇格が×で大変残念ですが、是非いつかホーム&アウェイでお会いできることを願ってます。

アルビサポ様
コメントを頂き、ありがとうございます!
前半は私の目の前で、背番号22番の西選手の躍動や(右ウイングかとばかり思ってました・・・)、マルシオ・リシャルデス選手の存在感ぶりをまざまざと見せつけられました。。
いつもよりも寂しいスタジアムとのことでしたが、それでも素晴らしいスタジアムの中で、アウェーぶりを堪能したことはこれまでで初めての経験でした。(松本山雅FC戦のアウェーは11月ですので^^;)
いつかゼルビアがJ1に上がった暁には、是非完全アウェーの洗礼を受けたいと思います^^;
そのときはよろしくお願いいたします!
※返信コメントが遅くなり、大変失礼いたしました

ぷーさん様
コメントを頂き、ありがとうございます!
エール(コール)交換動画をリンクして戴いたとのことでありがとうございました。動画を撮影する側になっていましたが、私も一緒に「アルビレックス」コールをしたかったんです。。
ゼルビアももう少しできたはず!と思いつつ、もしチーム得点王のチョ・ヨンチョル選手がいたならば、こちらはまたピンチの連続だったに違いありませんね・・・
こちらも今一度足元を固め、いつの日か東京町田でアルビレックス新潟戦を、そしてまたビッグスワンへ応援に行くことができれば、、と心から思っています!
※なお、当日は試合後に長岡へ移動し、ホテルにてBSの録画放送を堪能させていただきました^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87516/49706694

この記事へのトラックバック一覧です: FC町田ゼルビア 対 アルビレックス新潟戦(2010年10月9日) :

» 馬鹿島先輩後輩対決、新潟がJ1の貫禄見せ付ける [Southern Tama Post]
アルビレックス新潟対スパルタ・マチダ(ゼルビア)のそれぞれの監督はかつて馬鹿島アントラーズで活躍した黒埼久志と相馬直樹である。実際の試合は選手が戦うものの、日本の「戦い」においてはこのような縁を重んじて注目することが多い。ただ試合の方はやはり選手個々の...... [続きを読む]

« FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎戦(2010年10月1日) | トップページ | ミーハー »

--------------------