2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

栃木ウーヴァFC 対 FC町田ゼルビア戦(2010年9月26日)

ここ数週の僕は「メダパニ」をくらって「ひのきのぼう」をぶんぶん振り回していたというところでしょうか。早く「いてつくはどう」をくらいたい、、そんな今日この頃です。

Img_1351_1

それはともかく、26日はアウェーの栃木ウーヴァFC戦へ行って参りました。栃木ウーヴァFC(旧日立栃木)は関東リーグ時代から競ってきたチームです。

Img_1353_1

Img_1354_1 栃木ウーヴァは昨年までゼルビアに在籍していた中川選手がキャプテンマークをつけています。また、津田選手より空気抵抗が大きそうなアフロの選手が目立ちます^^;

試合の方は、、久利選手が左サイドバックの位置でスタメンに入りました。まだ慣れていない部分もあるかと思いますが、津田選手とポジショ二ングの確認を取りながら連携を取っています。前半22分に星選手のフリーキック、24分に酒井選手のクロスから木島選手のヘディングシュートと立て続けに得点を挙げると、ウーヴァFCの緊張の糸が切れてしまったかのような感じがします。。。得点シーンもマークがことごとく緩いような。。。

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

前半を3-0で終えると、何点入るのだろうか、という感じがしましたが、その後は勝又選手も得点を入れようとかなり強引に運んでいったものの、4-1で終了します。最後の失点がもったいなかったですね。

次節のV・ファーレン長崎戦は既に迫っています。なかなか26日のようにはいかないチームとは思いますが、勝ち点の差を近づかせてしまわないように頑張ってほしいと思います!

諸事情とアンフェア

まずは土曜日のソニー仙台戦、俗にいうジャイアントキリングダービーでしたが、結論から言うと観戦できませんでした。。。申し訳ありません。。。こんなときだからこそ応援にかけつけなければ、という思いと裏腹に諸事情が、、、

土曜日未明に思い切りJリーグに対してネガティブなブログを書いていたのですが、その日が丁度沖野さんの命日だったことを知り、掲載を取りやめました。また観戦にも行かれず不貞腐れながらここ数日を過ごしていたのでした。。。

土曜日に話を戻しますと、私たちがこれまで知らされていた、というか勝手に判断していた内容とは覆されるような格好で守屋代表が挨拶をされていたのですね。。。ただここまでくるとこれもまた話半分に聞かざるを得なくて、なんというか強大な権力を前に大人の諸事情をかもしだしているような気がしています。

読売新聞でも今回の町田のことを「J加入 狭き門に」というサブタイトルを用いた記事が出ていますが、いろいろな抜け道を駆使している諸先輩のJチーム方に比べて、町田ゼルビアにだけロンドン橋落ちた的なアンフェア感があるのが事実です。

まあJリーグの理念が「箱さえあればなんでもできる。箱さえあればどうとでもしてやる。(アントニオ猪木調)」ということは、町田ゼルビアが地域リーグにいたころから、そしてつい最近もとあるチームの優遇策で抱くようになったアンフェア感ですが、、、

そんなアンフェア感が埋められるかわかりませんが、行かれれば15日の「ゼルビアを支える有志の会(仮)」に参加したいと思っています。仕事の都合でひょっとしたら厳しいかもしれませんが、、、

スタジアムの話は、、、

まだJリーグからの見解が出ているわけでもないですし、情報もかいつまんでしか抑えられていない。入会したいJリーグと喧嘩はしたくはないのだけど・・・やっぱりちょっとおかしいと思っています。

怒りながら書いているのでたぶん支離滅裂な文章ですし、ひょっとしたら間違った認識があるのに加えて、表現も難しくなっちゃっているので御容赦ください。

私は建築業界に身を置いていますので、建築基準法や消防法が身近なものだったりするのですが、建築基準法や消防法で法改正がなされた際も「既得権」が存在して、例外もあるのですが基本的には追随して建築・設備類を絶えず新法規にあわせる必要がない、というのがあります。

それに比べて新築・改築の場合は確認申請(法に定められた建築物を建築しようとする場合、建築主は申請書により建築確認を受けて、確認済証の交付を受けなければいけない)時は新しい法規を基準としなければなりません。

でも通常大規模な法改正等がある場合、告示(広く一般に知らせること)・施行(法令や規則の効力を発生させること)を同時期とせず告示後相当数な期間をもって施行という形をとります。でなければ混乱が起きるからです。

今回のスタジアムの2009年基準から2010年基準への改正については、その順守しなければならない数や内容を含めて、そりゃ建築基準法とも消防法と、またその性質も違うけれども、大規模な基準改正でありながら告示即施行という形をとってしまっている。

しかも予算化が終わったような時期に。。。

正直まともな、どの民間会社でも2010年度という1年の期間の中で、新基準に満たすように、予算化・予算承認・(再)設計・施工まで終わらせるのは不可能だと思います。そりゃ町田市だってチームだって、こんな不可能なこと押し付けられちゃ、少しは条件付きで許して貰えると思ってしまいますよ。認識が甘かったとは思えません。

ましてやスタジアムのそのほとんどは公共建築であって改修にも大切な税金を使いますからね、、、ある程度コミュニケーションを取っていながら、こんな理不尽を押し付け、税金をこんな形で無駄にさせようとするJリーグという組織って一体なんなのか、と思ってしまいます。

他のJリーグチームの「既得権」を排除して、2011シーズンから2010年基準にて改修するよう全チームに申し入れているのであれば、まだ納得ができます。でも仮に今年の2、3月にそれを施行したところで、追随できるところないですよ。。。

まあそれでも野津田の新スタジアムが2009年度仕様に完全になっていたのかどうか、とかわからないところはいっぱいあるのですが、Jリーグには段階的な猶予をもってもう少し賢明な判断でもって対処をしていただきたいところです。

FC町田ゼルビア 対 東京ヴェルディ戦(2010年9月5日)

正直土曜の夜中にオフィシャルのホームページを見て、戸惑いの中にいるのは確かですが、これについては本日の記者会見を待つよりほかはありません。ただこんなギロチンドロップ的な話は、一般の世の中の生活ではあまりない話で、話の内容によっては、いかに行動を起こしていくのか考えなければなりません。

このような状況の中で史上初の天皇杯を迎えることになりました。本当はこんなときだから16時のバス待ちに参加したかったのですが、この日はサッカー素人の連れを伴っての行動だったため、あきらめました。。。

Img_1235_1

Img_1240_1

私の記憶の限り、初のJリーグチームとの公式戦であって会場についてしまうと、会場の熱気に包まれます。

Img_1238_1

Img_1237_1

Img_1244_1

エールの交換時含めヴェルディの応援の凄さに感心させられてしまいますが、町田魂も負けてはいません。

Img_1245_1

Img_1247_1

試合の方は、既にいろいろな媒体で紹介されていますので、細かくはしませんが、、前半から普段のリズムにHondaFC応援のドラムのリズムが加わったかのような猛攻でヴェルディを圧倒します。また、ヴェルディが攻めようにも深津選手や斉藤広野選手がとても効いていて、あまり仕事をさせません。それでもあと一歩で点が奪えずにペースがヴェルディにいきかけようとしたとき、斉藤広野選手が豪快に吹っ飛ばされて、相手選手に一発レッドカードが出てしまいます。正直、11人対11人でのJリーグチームとのガチンコ勝負が見たかったのですが。。。

それでもFW平本選手がボールを持つと、やはり雰囲気があって、ダイビングヘッドをくらってましたし、どきどきはらはらさせられます。

後半は、ヴェルディ側は高木兄弟が2人出て、少しでもボールを奪われるとゴール前まで持っていかれてしまいますが、なんとか持ちこたえます。高木選手のFKから飯尾選手のヘッドがありましたが、バーに助けられます。後にいざこざがありましたが、修行選手はとてもやりにくかっただろうなと思います。

攻撃は山腰選手、鈴木崇選手が入り、何度かビッグチャンスが訪れますが点が入りません。延長は嫌だな。。。と思っていましたが後半27分に山腰選手のボレーが決まり先制します!

このあとも何度かチャンスにピンチあり、心臓のバクバク音が止まりませんが、ロスタイム4分を凌いで1-0で勝利しました。

試合前のエールの交換から、試合後は殺伐とした感じになってしまいましたが、審判があのお方だったのですね。(以前、FC琉球戦での半田選手のレッドの判定、琉球の選手のファウルの判定にどうしても納得できなくて短期的にyoutubeへ動画をアップロードしたことがあります)確かに、審判団の紹介のとき、あれっどこかで聞いたような、と思ったのですが。。

次節は10月9日、アルビレックス新潟戦ですね。クラブ史上初(たぶん)のJ1チームとのガチンコ勝負。絶対観戦に行きたいと思います。今できることは亀田製菓の柿の種を食べることしかできませんが^皿^

また、ヴェルディとゼルビアの試合とのことで、ザスパ草津の戸田選手が観戦されていた、というかすぐ後ろの席に戸田選手が座っていたり^^;とか、元日本代表の前園真聖さんがいらっしゃっていました。

まあとりあえずは7日の記者会見でどれだけさらに凹むのか怒るのかわかりませんが、頑張って仕事しようと思います。。。

週末

8月が終わってしまいましたね。。夏が終わると寂しい限りではありますが、とうとう天皇杯2回戦「FC町田ゼルビアvs東京ヴェルディ」が週末に近づいてきました。

リーグ戦は勝ちにこだわりますが、この試合はどっちに転がってもよいと思っています。勝てたら勝てたで実際目茶苦茶嬉しいでしょうし、負けたら負けたでさあリーグ戦!と切り替えられる。

その前にとにかく初のJリーグチームとの公式戦が嬉しいです。これもまた新たな歴史の一歩です。

ただ、スカパーなどで東京ヴェルディの試合を垣間見たりすると、敗れはしたものの後半終了間際に2点返したロアッソ熊本戦とか、先日のFC岐阜戦とか、若い選手が躍動している感じで正直強いチームです。。弟分が横河武蔵野FCを破って東京都代表になるくらいですからね。。。

試合は日曜の夜ですが、興奮してその晩眠れずに、次の日の出社に支障を来す(ダメじゃん)ような試合をお願いしたいと思います!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

--------------------