2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

アルテ高崎 対 FC町田ゼルビア戦(2010年8月8日)

資格の試験を終え夏期休暇に入ったというのに、ゼルビアの試合がこのアルテ高崎戦で約1カ月の中断に入るとは何とも寂しい限り。

うだる暑さの中、高崎へ着いてみると、街はお祭り一色でした。特に帰りのバスの車窓からはあちらこちらで露店が広がり、どんだけ規模のでかいお祭りなんだろうと思わされます。

Img_1081_1

そんな中行われる浜川競技場での試合で客足を勝手に心配したのですが、ゼルビアを応援する多くのサポーターが来場していました。去年はあったスポンサーボードがなかったのですが、どうしたのだろう。。。

.

Img_1083_1

スタッフの方も浴衣なわけで、何のセレモニーかもわからず撮ってしまいました。

.

Img_1086_1

Img_1087_1

試合の方は、35度を超える劣悪なコンディションの中、アルテ高崎が優位に試合を進めます。素早い動きにディフェンスがついていけないまま試合開始早々にゴールを決められます。また毎度同じような展開ですがあきらめるか~と思っていたところ、相手の選手のシュートをGK修行選手がはじいたものの、ゴールラインを割られてしまいます。これで0-2。今日も厳しい戦いです。

しかし、前半41分にセットプレーから勝又選手のゴールで1点を返します。前半で1点返すのは大きい。。。そう思ってた矢先に、アルテ高崎に攻め込まれ、3点目を決められてしまいました。。。

、と思いきや、何らかの反則で、この点は取り消し。ただ町田側のゴールキーパーとディフェンスが交錯しただけのように思えましたが、、、

ただ今日は(特に)サポーターも皆熱かったです。前半終了のコールが鳴らされても、選手が退場するまで応援がやみません。

Img_1128_1_3

後半開始前、前節と同様、太田選手が一人誰よりも早くグラウンドに向かいます。そして、酒井選手から半田選手へと攻撃的MFを変えてきます。Img_1129_1_2

.

.

これが効いたのか、アルテ高崎選手の疲労が出てきたのか、後半はゼルビアの攻勢となります。後半11分、星選手からの右CKからの折り返した球が相手の手?に当たり相手選手の猛抗議も実らずPKに。これを何とか星選手が決めて同点とします。

この後もゼルビアの猛攻が続きますが、点が入りません。スコアボード脇の小さい時計をちらちら見てしまいます。

しかし、後半40分に勝又選手が上げたボールを柳崎選手が柳崎選手らしい取り方でボールをゴールに押し込み逆転とします!このシーン、手に当たったか否か、もしくはキーパーチャージかなにかが疑われ、アルテ高崎選手は猛抗議の上、退場者が出るほどとなってしまいます。

この隙をつき、後半43分に勝又選手がダメ押しの4点目ゴールを決め、勝負を決定づけます。しかし勝又選手の運動量は素晴らしかった。

結果4-2で中断前の一戦を勝利しました。序盤はゼルビアに不利な判定も多かったけど、アルテ高崎にとっては、納得のいかない一戦だったには違いありません。試合後、審判へ抗議するアルテ高崎後藤監督のあの形相は凄まじかったの一言。

Mvi_1170_2

Mvi_1171_1

特に後半の攻撃は機能していた一方で、ディフェンスの連携はまだまだ厳しそうですが、まずはOFFの期間は疲れを取って貰って、中断明けの9月に3、4月のような攻勢をかけてほしいと思います!!

FC町田ゼルビア 対 ガイナーレ鳥取戦(2010年8月1日)

野津田今期最終戦は、FC琉球、HondaFCに続き、ガイナーレ鳥取にも返り討ちでした。。。

Img_0986_1

今日も天候に恵まれて、最初は芝生席もそれほどの入りでしたが、この暑い陽気ながらも徐々に埋まっていきました。

.

.

Img_0989_1

ビッグフラッグ「町田魂」初見参です。高さ(見やすさ)は仕方がないところか。

.

.

Img_0991_1

Img_0990_1

試合の方は、たしかに惜しいシーンが沢山ありましたが、終始ガイナーレ鳥取の思うツボにはまっていたような感じがしました。相当タフなコンディションの中、選手たちは頑張っていたのですが。。

.

Img_1031_1

後半開始直後前に、太田選手が一人率先してグラウンドに出るも、、、

.

.

Img_1071 本日の入場者数が過去史上最高の7081名となるも、、、

.

.

0-1という点差以上に実力の違いをまざまざと見せつけられたような気がしました。津田選手が必死にディフェンスをしていましたが、相手のハメド選手も脅威でしたし、服部選手もよかったですね。

惜しいシーンはたくさんありましたが、今日は、、こういう大事な日には結果がほしかった。イベントとしては大成功だったのでしょうが、ハッピーな結果にはなりえなかったですね。

去年とはチームの熟成の度合いが違うというか、、、今年はヨーイドンで成功してきた分、変化がつけられなくて、その惰性で進んでしまっているような、、、だから今後のリーグ戦でより浮上できるのかどうか、微妙なところのように感じます。信念を貫くのも大事なことなのでしょうが、、、どうなんでしょう。。

リーグ戦はまだまだ続きますが、あと一戦で中断期間に入ります。とりあえず来週のアルテ高崎戦はコンディションを整えて、頑張ってほしいと思います!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

--------------------