2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« FC町田ゼルビア 対 ホンダロックSC 戦(2010年6月13日) | トップページ | ゼルビアが初めて天皇杯に出場できる »

FC町田ゼルビア 対 横河武蔵野FC 戦(2010年6月19日)

いやー、今年一番の熱い戦いでした。

Img_06531

南北多摩合戦、今年の第1戦西が丘はこれまでの予報とうってかわってうだるような暑さでした。どこで見ようかと思ったのですけど、割合空いていそうなメインスタンド側で見ることにしました。

Img_0648

昨年の横河武蔵野FCアウェー戦は武蔵野陸上競技場でしたが、今年の西が丘では電光掲示板がいい感じになっています。町田ホームの際の西が丘でもこれは使うのでしょうかね。

Img_0651

武蔵野の選手紹介もこんな感じで。

Img_0652

西が丘はスタンドの高さはないですが、ピッチとの距離はやはり素晴らしいですね。

Img_0654

Img_0655

試合の方は、なんだか最初から危なっかしいシーンがあり冷や冷やさせられますが、一進一退の攻防が続きます。客席で見ているだけでも暑いのですが、後半にかけて消耗戦となってくることが予想されます。また、ピッチとの距離が近いので、相馬監督の雑賀選手への叱責もよく聞こえます^^;前半は0-0で終了します。

後半になると、木島選手からのクロスから勝又選手のヘッドで先制します!しかし、デジカメの動画を整理している最中に、点を決められてしまいました。。。。いやいやしかし、木島選手・勝又選手の両FWは動きだしもよく、後半33分に木島選手がドリブルから一気に勝ち越しゴールを決めます!よし、このままお願いだから勝って~!という願いはあっという間に横河武蔵野FCの美しいフリーキックとともに藻屑へと消え去ります。やはり流石は横河武蔵野FC、すぐに追いつく執念は素晴らしいの一言。

ただ全体的に武蔵野寄りの判定なこともあって、あ~このままいくと天皇杯シードを巡る戦いはどんな感じになっちゃうのだろう、だなんて思っていましたが、シーズンの中で長らく待ち望んでいた劇的な展開が待っていました。

後半45分のコーナーキックは跳ね返されてしまいますが、木島選手がDF2人をドリブルでかわしチャンスを作り、勝又選手がこぼれ球を押し込み、最後に勝ち越します!なんだか盛り上がっている一方で、手前の方で不穏な動きがあったので、一瞬ノーゴールなのかと思いましたが、大丈夫でした。そしてこのまま試合終了です!

Img_0735

Img_0732

相手が横河武蔵野FCだから、ということは関係なく、このような劇的な展開で勝てたことは非常に大きいですね。この試合を分岐点に、再びガイナーレ鳥取を猛追する展開になっていけるような気がしました。また、この試合は両FWのキレと、酒井選手の健闘が光っていたように思えました。

一方で、GKを含めたディフェンスはまだまだ、なのでしょうか。。。。昨年と比べると全然危なっかしいですし、早く攻撃にいきたいときの速攻ができないので、自ら首を絞めているような気がします。

Img_07411

Img_07421

とにかく、次節のジェフリザーブズ戦で引き分け以上であれば、天皇杯出場シードが確定し、今後の試合日程が楽になってきますので、是非今日のような熱い試合で盛り上げてほしいと思います!!

« FC町田ゼルビア 対 ホンダロックSC 戦(2010年6月13日) | トップページ | ゼルビアが初めて天皇杯に出場できる »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87516/48682360

この記事へのトラックバック一覧です: FC町田ゼルビア 対 横河武蔵野FC 戦(2010年6月19日):

« FC町田ゼルビア 対 ホンダロックSC 戦(2010年6月13日) | トップページ | ゼルビアが初めて天皇杯に出場できる »

--------------------