2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ついにここまで

Jリーグが本日、ガイナーレ鳥取とニューウェーブ北九州(来年からはギラヴァンツ北九州?)のJリーグ準加盟両クラブからの正式加盟に向けた申込書を受理したと発表しました。

町田ゼルビアは従来路線通り2011年の本加盟に向けて1年遅れることになりましたが、両チームのサポーターに取っては喜ばしい限りだと思います。

ただ、そんな町田ゼルビアもガイナーレ鳥取とV・ファーレン長崎とともに、ついに「サカつく6」に初登場するようですね。サカつくにチームとして登場できるのはJリーグに昇格してからの御褒美の一つだと思っていましたが、少し早目に御褒美にあずかれるのは嬉しい限りです。Jリーグへはあと一歩ですが、東京都1部リーグ時代から振り返るとついにここまできたか、という思いでいっぱいです。

今度のサカつくでは「町田」と都市名を実況するだけではなく、「ゼルビア」やゼルビアの選手の名前も実況するのでしょうか。やばい、それだけで感動ものです。

まだサカつく6のホームページを見る限りは、果たして町田ゼルビアのチームを操作できるのか否かは定かではないのですが、もしチーム運営ができるのであれば、とりあえず補強をまったくせずに(!)J2でどこまでやれるのか、そしてJ1昇格を達成できるのか、そのあたり一度やってみたいと思っています。

2011年には・・・

本日の試合は0-0でしたか。。。

2010年度のJリーグ入会に向けた本加盟の申請を行わないニュースがありながら、あまり身動きがとれませんでした。

このニュースを聞いてショックに受け止める自分もいれば、冷静に受け止められる自分もいるわけです。選手の立場からするとただただショックなのだと察し、それがこちらとしても辛いです。

、、、ですが、観客動員の問題にしても、スタジアムの問題にしてもJリーグ昇格へ向けて解決すべき課題はいくつもあることは紛れもない事実です。

町田ゼルビアは今年から入場料収入を取りはじめたばかりのチームですし、まだまだ様々な面で力を蓄えることが不可欠なのだと思います。体制を整え、もっともっと多くの人の応援を受けて、本来の目標である2011年にはJFLで完全優勝して、Jリーグに昇格してほしいと思います。

試験勉強

明日は資格の試験があるため、せっかくの千葉で開催されるアウェー戦なのに、行くことができません。。。

ただ、もし120分の試験を90分程度で切り上げることができれば、、、

試験会場であるお茶の水の某大学をダッシュして御茶ノ水駅へ、そして御茶ノ水駅(11:35発)から総武線に乗り錦糸町駅(11:43着)へ、そして錦糸町駅11:47発特急しおさいに乗り会場の最寄り駅である旭駅に着くのが13:11。そこからタクシーでも乗れば、前半30分くらいから観戦できるかな、なんて。。。(ちなみに試験終了後に会場へ向かったとすると、電車を乗り継ぎの関係で旭駅に着くのが15時くらいになるのです)

。。

。。。。

うーん、やはり明日はおとなしくしておきますか^^;

柳崎選手の抜けた穴は大きいかもしれませんが、4位以内を目指すためにも明日は頑張ってほしいと思います!

東京ヴェルディはどうなる

東京ヴェルディが大変なことになっています。約2カ月という期限までに、5億4000万円のスポンサー料収入を確保しなければJリーグ退会ということのようです。5億4000万円ていう数字、一体今年の町田ゼルビアのスポンサー収入の何年分なのでしょう。

仮にこのスポンサー収入を確保でき、来年度以降も活動を継続できたとしても、これまでの親会社の方針もあり、これといった地域密着もなく、どうなっていくのかが心配です。伝統のあるチームですし、過去に実績もあるチームですから、なくなってしまうことは惜しいような気もしますが、さて。。。

ただヴェルディといい、以前のフリューゲルスといい、親会社の撤退がチームの激震に響いていますが、実質町田にごく近い街のサッカーチームの出来事なわけで、地域密着を強化させるために町田ゼルビアは今まで以上に町田で種をまき芽を育て続けることが重要なのでしょうね。

FC町田ゼルビア 対 FC琉球戦(2009年9月13日)

Img_2055 Img_2057 今日は半旗を掲げて臨んだ一戦。少し暑いくらいの上々の天気でした。

会話をしたことのない私でもショックでしたから、関係者、選手の方々のショック、動揺は並大抵のものではなかったかと察します。ですから、本日の試合はスコアレスドローであろうが0-5で敗戦しようが、それを受け入れる気持ちで観戦していました。

Img_2064_2 Img_2067_2 Img_2069

試合や選手の動きは細かく書きませんが、前半43分に御給選手が移籍後初ゴールを決め先制しました。後半はFC琉球の猛攻を耐え凌ぎ、選手たちは沖野強化育成部長に捧げる勝利を見事掴みました!

Img_2146_2 Img_2154_2 Img_2155_2

試合後鳴り響く「オキノ」コール、そして遺影を抱く酒井選手の神妙な面持ちが印象的でした。今日は4位以内がどうとか、Jリーグ入りがどうとか関係なくて、ただ選手たちがもたらしてくれた勝利に感謝したいと思います。

訃報

オフィシャルホームページを見て、我が目を疑いました。

ただただ、ショックです。

心より御冥福をお祈りいたします。

格闘

してました。。。youtubeと・・・・

動画のアップロード先をnifty動画からyoutubeに変更しようとして、昨晩にいろいろと操作していたのですが、いかんせんアナログな人間ですのでうまくアップロードができずして、あきらめてふて寝していたりしていました。

今晩になってmobilesalesmanさんのブログを拝見して、あっいつのまにか成功してたわ^^;と思ったのでした。。。

昨日のアルテ高崎戦では、1点目と3点目を動画におさめることができましたので、それぞれ無駄にエラい時間がかかりましたが初めてyoutubeに載せてみました。2点目の酒井選手の埼玉県まで飛んでいきそうなゴール(酒井選手のブログから表現拝借)は残念ながら撮れませんでしたが、それはJ:COMさんでどうぞ^^

FC町田ゼルビア 対 アルテ高崎戦(2009年9月6日)

明治大学戦の敗戦から2週間が経ち、その間に御給選手が移籍してきたり、民主党が政権を獲ったりといろいろなことがありましたが、なんとなく書くことをサボっていました。

あー、この前の明治大学戦みたいな展開だったら嫌だなあ、と思いながらも高崎線にゴトゴト揺られ、高崎まで来てしまいました。(乗車した電車とSL列車の運行時間が近かったらしく、沿線で三脚を設置してそれを待ちうける鉄っちゃんの数が尋常でなく凄かったです^^;)

Img_1999 Img_2001

アルテ高崎の本拠地である浜川競技場は、天気は良かったですが、とても暑かったです。

Img_2007 Img_2008 Img_2009

Img_2010 とにもかくにも、今日のお目当ては御給選手なわけです。過去のJFLでの実績も十分ですし、チームの得点能力が低い現状を打破する展開をどうしても期待してしまいます。写真はキックオフのシーンですが、飯塚選手と並ぶと際立って高く見えます。。。

試合の方は、御給選手の高さを活かそう、という感じがしましたが、御給選手はポストプレーだけではなく、足元もいいので、かなりゼルビアの攻撃に幅を与えてくれています。また、当然相手ディフェンダーも御給選手をマークしていくため、周りの選手の動きが良くなっているように思えました。

Img_2030 前半の良い時間帯にスローインから流れ込んできたボールを飯塚選手が落ち着いて決めて先制。その後、御給選手の豪快なヘッドはオフサイドと判定されてしまいますが、攻撃を波状的に続け、酒井選手の豪快なミドルが決まり2-0とリードします。相手チームの攻撃陣もキレがある動きで、何度もゴールを脅かしますが、割らせるところまではいきません。

Img_2050 Img_2053 後半序盤は、アルテ高崎の攻撃が優勢になりますが、それを凌ぎ逆に後半23分、DF齊藤選手からの右からのセンタリングを御給選手がシュート。そのシュートがバーに跳ね返ったところを柳崎選手が落ち着いて決め3-0とします。まだまだ点が入る可能性はありましたが、そのまま3-0で終了しました。

御給選手が入ったからなのか、前回までの反省が生きているのか、どの要因かはわかりませんが、今日は前後半通じて観ていてとても楽しかったですし、安心して観戦することができました。是非こんな試合をアウェイだけでなくホームで見せてほしい!!と強く思います。

尚、御給選手は点を入れられなかったことを悔しく思っているようですが、今日を観る限り、すぐに決められると思いました。また森川選手に変わってスタメン起用であった齊藤選手は判断も早く、右サイドバックはよい競争になるのではないかと思いましたが、どうなんでしょう。。。

来週のFC琉球戦では、続けて今日のような試合を期待したいと思います!!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

--------------------