2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

FC町田ゼルビア 対 明治大学戦(2009年8月22日)

東京都サッカートーナメント準決勝ですが、3年連続で0-1で学生さん相手に敗退しました。。。

Img_1926_4 少し前に会場に着いて、決勝の相手となるであろう東京学芸大学のプレーを注視していたりしてたんですけど。

Img_1941 Img_1943_2 

試合の方は、前半から明治大学のプレスが効いていて、あまり思うようにプレーをさせてもらえません。。町田側の攻撃に怖さがなく、徐々に明治大学に攻め込まれます。

攻撃の波が一瞬途絶えたか、と思いきや、相手FW11番に抜け出され、1対1から豪快なゴールを決められてしまいます。

後半に入り、町田側がボールを拾えるようになると、徐々にボール支配率が高くなってはきますが、最後のフィニッシュが決まらないのは、いつものことであって。。。飯塚選手のポストに当たるヘディングが唯一の惜しいシーンでしたが、それ以外は相手キーパーが余裕を持ってキャッチできるものばかりでした。

Img_1992 Img_1993 ロスタイム4分ということで、これまでと違う劇的な展開を夢見ましたが、かなわず終了しました。。残念ながらデジカメには、ゼルビアの攻撃のいくつかと明治大学7番のKYなプレーの動画しか残ってませんでした。

残念ながら今年も天皇杯出場の夢が断たれ、残りはJFLリーグ戦のみとなりました。次のリーグ戦まで2週間あることを前向きにとらえ、選手たちは残り10試合を悔いが残らないよう頑張ってほしいと思います。

東京都サッカートーナメント

と正式にいったのですね。。

オフィシャルホームページによれば、今週の土曜日に開催される準決勝の対戦相手が明治大学に決定したようですね。一昨年も決勝戦でこの対戦があり、善戦はしたのですが、当時明治大の学生であった現サッカー日本代表の長友選手に点を決められてしまいました。

決勝の時は、メインスタンドは招待席とやらのため、一般席はバックスタンド・ゴール裏しか開放しないのですが、町田側はゴール裏で声だし応援しているのに、向こうはその応援をバックスタンドの真ん中近くでやりやがってうるせー連中だ、とくやし紛れに思ったりした記憶があります。ええ、ほんとにただくやしかっただけなんです。。。

まあ、ともかく今週の土曜日夕方も、決勝がある来週の土曜日夕方も予定をあけてますので、JFLでもまれて一回り大きくなった姿を2週に渡って見せてほしいと思います!!

FC町田ゼルビア 対 三菱水島FC戦(2009年8月16日)

町田倍増計画第2弾と謳った本日の試合。JFLリーグ戦最下位である三菱水島FCをホームに迎えての一戦でした。

Img_1894 本日はFC町田ゼルビアのマスコットであるゼルビーがデビューしました。ん?こんなに明るいカラーリングでしたっけ?むしろV・ファーレン長崎のマスコットとして十分やっていけそうな感じが・・・・

Img_1902 今日は新戦力のブルーノ・カスタニェイラ選手がベンチ入りしており、期待されます。

Img_1905 Img_1906 Img_1908_2

試合の方は、、、、、、結果は1-1のドローだったわけですが、FC町田ゼルビア側がどうのこうの言うよりも何よりも三菱水島FCの選手たちの動きがとても素晴らしかったです。

先日のガイナーレ鳥取戦のときの町田ゼルビアがそうだったように、この日は三菱水島FC側がボールをよく追ってよく守りよく攻めていました。なんでこのチームが最下位なのよ、というくらい。。。

今日の試合、溜息倍増でいろいろ思うところはあったけれど、まあ修正がなされると思って温かい目で見ることにしましょう~。ゼルビアはこんなもんじゃないっす。

Img_1915 ブルーノ選手は、後半に途中出場しました。まだフィットしていないかもしれませんが、もう少し長く観てみたいですね。

天皇杯

明日(今日か・・・)の試合が終わると、一旦JFLのリーグ戦は中断し、翌週・翌々週は天皇杯の東京都代表決定トーナメントが開催されます。

最近になってゼルビアもこのトーナメントに出場できるようになりましたが、東京都の場合、サッカー部の強い学校がひしめいているため、FC町田ゼルビアは一昨年は決勝で明治大学に、昨年は準決勝で国士舘大学にそれぞれ敗れ惜しくも代表を逃しています。一昨年の明治大学との試合は、NHKの夜のスポーツニュースでも取り上げられ、ついにFC町田ゼルビアがNHKにデビューしたか、、と感慨深い日でもあったのですが。

ゼルビアに勝利して東京都代表となった一昨年の明治大学はその後J1の清水と、昨年の国士舘大学はJ1の鹿島とそれぞれ死闘を演じ、もしこのトーナメントでFC町田ゼルビアが勝っていたら、どういう展開になっていたのだろうと思うことがあります。

Jリーグに上がる前に、なんとか一度は自力で東京都代表の切符を手にし、FC町田ゼルビアがJ2、J1勢と闘うのを観てみたいと思っています。

対戦相手は確か16日に決まるとか、、、幸い次週の準決勝のFC町田ゼルビアの試合は19時からということで、少し涼しくなると思いますし、ピッチの距離が近い西が丘での試合になるので是非応援に行きたいと思います。

夏休み

先週から夏季休暇に入っています。

Img_1883 長崎へ行けなかったことは残念でしたが、松本・白馬・糸魚川を経由して日本海を見て帰ってきたりとか(写真の電車などをひたすら乗り継ぐ独りよがりの旅なわけです)、あとは運よく休みの最中に東京ドームでファイターズ戦が開催されていたため観戦してきたりとか、いろいろとリフレッシュができています。

Img_1866 特に観戦に行った11日の試合は、ファイターズが9回表に逆転され、敗色濃厚さながらの9回裏ツーアウトから小谷野選手のホームランで追い付くという試合。飛び上がって喜んでしまったからか「やっと打てましたねー」だなんて後ろの老夫婦から声をかけられました^^;。そのとき私のゆるい涙腺は既にやばかったわけですが。。。

Img_1880_4 結局、その日の試合は延長12回裏に田中賢介選手のサヨナラヒットで勝利し、いつもよりも内容が濃く感動する試合でした。先ほどの老夫婦とはハイタッチして帰りました^^;

今年はもうファイターズ主催の東京ドームの試合がないので、来年の話、、といっても来年はいらっしゃるのかわかりませんが、5回終了時のYMCAのときは後半のフレーズでグラウンドキーパーの方もトンボを掲げて踊ります。ただ1塁側のグラウンドキーパーさんのハイテンションぶりが素敵なので、来年もまた見られることを期待したいと思います。

当日の模様がyoutubeに掲載されていましたので、アドレスを張らせていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=RjNprgezHzQ

決着つかず

9日のV・ファーレン長崎との対戦は、スコアレスドローに終わりました。

前期の試合に引き続き、というか昨年からに続き決着がつきませんでした。双方にとってこのドローは痛いのかもしれませんが、とても暑い天候の中ではやむをえなかったのかもしれませんね。

期待のFWのブルーノ選手は、帯同しなかったようですね。すべては16日のホーム戦でのお披露目になるのでしょうか。

とりあえず、町田市中心市街地活性化基本方針(案)への意見メールを送付しました。といっても正確には「意見を提出できる方」にが該当していないみたいですが^^;>

わかりやすい絵などを挿入したかったのですが、できなかったのがちょっと心残りです。。。

観客動員をどうしよう

かと思っています。

今後、J2に昇格するために必要な条件の一つは「観客動員平均3,000人以上」です。これに達するために必要な観客数は残り6試合で30,637人、1試合平均5,105人程度となります。

 8月16日(日) 三菱水島FC戦 必要な観客数5,105人

 9月13日(日) FC琉球戦 必要な観客数5,105人

10月 3日(土) ホンダロック戦 必要な観客数5,105人

10月17日(土) 横河武蔵野FC戦(多摩市陸上競技場) 必要な観客数5,105人

11月 8日(日) ソニー仙台FC戦 必要な観客数5,105人

11月22日(日) TDK SC戦 必要な観客数5,105人

・・・現実的にはとても厳しい数字です。昨日は、最終戦は器の大きい会場に変えて3万人集まればだなんて書きましたが、厳しいでしょう。また、横河武蔵野FC戦は土曜日の試合でかつ町田市からも横河武蔵野サポからも行きづらい多摩市陸上競技場での試合となります。(私が住むところからは町田も多摩もあまり変わらないや)ただ、多摩市陸上競技場って何人入れるのでしょう?ホームページを見る限り年間A席でさえも芝生席に変わりそうなくらいの大きさのスタンドに見えます。

国立競技場の10月のスケジュールをwebでは確認できませんでしたが(この時期は抑えるのは困難かな?とも思う)、この横河武蔵野戦だけでも国立でできませんか?と本当に思います。器の大きいところで勝負しないと本当に厳しいような気がします。町田から直通バスが何本も出れば味の素スタジアムでもいいですけどね。。。

私の恐るべし皮算用数字

 8月16日(日) 三菱水島FC戦 観客数3,800人(ここは現実路線)

 9月13日(日) FC琉球戦 観客数3,800人(ここも現実路線)

10月 3日(土) ホンダロック戦 観客数2,000人(土曜日だから低くみました)

10月17日(土) 横河武蔵野FC戦 観客数12,000人(町田十倍増計画)

11月 8日(日) ソニー仙台FC戦 観客数4,000人+α(チーム順位による)

11月22日(日) TDK SC戦 観客数4,000人+α(チーム順位による)

これでも6戦計29,600人ですので、αで1,000人以上必要となるわけです。

・・・それとも直通バスが出るようになってからの数字が3,000人以上であればそれを考慮する、だなんて甘い査定があるのかな?

わかりませんが、チーム順位が最終5位以下であればともかく、観客動員だけがネックで昇格できない事態だけは本当につらいので、今のうちになんとかしたいというところです。

ブルーノ・カスタニェイラ選手移籍

J1のアルビレックス新潟からブルーノ・カスタニェイラ選手がFC町田ゼルビアに期限付き移籍しました。

チームが上位進出を見据え、選手層を厚くする上でもFWタイプの選手の獲得は適切な補強なのだと思います。どちらかというと町田側よりも新潟側の思惑が合致したような移籍話かもしれませんが、ブルーノ選手は町田で是非頑張って結果を残してほしいと思います!

なんだか頭にグラサンつけて入団会見している方より活躍してくれる気がしています^^;

FC町田ゼルビア 対 MIOびわこ草津戦(2009年8月2日)

ドロー。5連勝ならずでした。

Img_1807 今日はセントラルスイムクラブ成瀬マッチ、ということでオリンピックに出場された森田さんが来場されていました。事前周知では整った髪形が印象的でしたので、事前にたぶんすれ違っていたとしても気づかなかったかもしれないでしょう。。。

セントラルスイムクラブ成瀬、、、懐かしいです。私も若かりし頃通っていました。明るく仲良く元気よく、、、のセントラルスイムスポーツ訓は今も続いているのでしょうか。

Img_1814 今日は酒井選手が出場停止でしたので、試合開始直前にスタンド席を盛り上げてくれていました。サポさんたちの盛り上げもあって、初めからスタンド席の手拍子が整っていたように聞こえました。

Img_1820_2 Img_1821 Img_1824_2

試合の方は、前半はまずまずな立ち上がりです。序盤にコーナーキックのチャンスが数度ありましたが決めきれませんでした。中にはコーナーキックがGKを超え、直接ゴールに入ったでしょー、というシーンもあったのですが、得点には至らず、、です。前半途中からはものすごい豪雨となり、試合観戦に集中しきれなかったりしています。

前半は0-0で折り返しますが、後半序盤に山腰選手がゴールを決めて先制します!これで5連勝が見えてくる!と思いきや、MIOびわこ草津も次々と選手を入れ替えてきます。町田ゼルビア側は、攻撃にミスが、、というかまた序盤のころのような攻めあぐねる、というか展開になってきてスタンドからも怒号が聞こえたりします。。。

確かにこれでも勝っちゃうようなら逆に怖いわな、、というところでしたが、ついに後半終了間際に相手チームの鮮やかなヘッドを決められ同点とされてしまいます。。。

ロスタイムが4分ということで、勝ち越しも期待されましたが、やはりため息のつく展開でそのまま終わってしまいました。。5連勝を狙っていたなかでは、厳しい結果に終わりました。また、この試合の中で蒲原選手と津田選手がボールを懸命に奪おうとした中で負傷退場となり、こちらもまた心配です。

また観客動員が厳しくなってきました。。。雨だから厳しいかなと思っていたけど、1,500人を下回るのは厳しかったです。ホーム最終戦、横浜国際か国立競技場(器が多いところという意味だけで挙げています)にスタを変更して、最終日に3万ほど入れるというのはどうですかいねえ(いや、3万人どうやって連れてくるんだなど含め自分が書いていることが愚かだということは十分わかっているのだが。。。)

ペース

ガイナーレ鳥取に元浦和レッズの岡野選手の入団が決まりましたね。

今期は既にガイナーレ鳥取との直接対決を既に終えているため、直接観る機会があまりなさそうなのはちょっと残念ですが、ガイナーレ鳥取なりに今期どうしても4位以内に入ろうとしている意気込みが伝わってきます。

ただ選手補強だけが意気込みうんぬんではないので、町田は町田のペースでいけばよいのだと思います。

今節は既に勝ち点上位チームである横河武蔵野FCとニューウェーブ北九州が引き分けに終わり、痛み分けてくれましたので、今日試合のゼルビアも5連勝目指して頑張ってほしいと思います!酒井選手と柳崎選手のレギュラー2人が出場できませんが、代わりに先発出場する選手の奮起に期待したいですね。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

--------------------