2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 楽しみな週末 | トップページ | つぶやき »

FC町田ゼルビア 対 ガイナーレ鳥取戦(2009年7月19日)

町田倍増計画として盛大に謳った今日の一戦は、FC町田ゼルビアが大好きな人たちにとって、とてもハッピーな結果となりました。

Img_1769 Img_1770 まずは鶴川駅改札を出てまっすぐに行った場所にあるバス停まで行き、今日から運行を開始した鶴川駅⇔野津田競技場間直通バスに乗車しました。試合開始1時間以上前の時間のバスに乗車しましたが、バスの座席はすべて埋まっており、以前よりも客足が良いのではないか、と期待をさせます。

10分とちょっと経って、12時には会場に着いたのですが、S席の座席の埋まり具合も結構なもので、今日はどれくらいの観客数になるのか楽しみでした。

Img_1772 Img_1778 Img_1779 ああ、いつも会場に来るのが遅いので、そういえば選手たちが客席に一礼してサインボールを投げるの初めて見たわとか、チアリーダーFINESのスキルが春先と比べてずいぶんパワーアップしてない?とか、バッドばつ丸っていいキャラだなとか、バッドばつ丸のマネージャーのお姉さんが対戦相手のガイナーレカラーだとか・・・、そんなことを思っているうちに、試合が始まります。

Img_1786対戦相手の ガイナーレ鳥取はFC町田ゼルビアと同じくJリーグ入りを目指す準加盟の先輩チーム、FWは、パワーがすさまじいハメド選手と町田出身の阿部祐大朗選手の2トップで、しかも中盤には先日ジェフリザーブズから移籍加入した奥山選手が入るなど、結構手ごわそうなメンバーばかりです。

Img_1784 Img_1792 試合の方は、前半からまずまずの動きだしです。町田優位に試合を進んでいき、前半11分に森川選手曰く「スーパーゴール」で、まずは先制します!!その後もループシュートがバーに当たるなど優勢が続きます。

ただ、前半25分を越えてくると、ゼルビアの攻撃のミスが目立つようになり、次第にガイナーレ鳥取ペースになってきます。もう怒涛のサイド攻撃、鬼サイド攻撃、サイドチェンジを繰り出しますが、修行選手がなんとか防波堤になってゴールが割れるのを防ぎます。

Img_1791 ガイナーレ側も前半から選手交代を仕掛けてきますが、前半を1-0で折り返します。そういえば前半をリードして折り返すことって記憶にあまりないです。

後半は、やはりガイナーレの攻撃が優勢ながら、こちらも前半から続くサイド攻撃を中心に応戦します。今日は曇天で炎天下ではなく、スタンドはある程度風が通るのですが、グラウンド上ではおそらくは蒸し暑いであろうコンディションの中で段々と選手の足が止まってきました。全員がボールをはたくプレーに終始し、遅延行為的なダラダラ感も手伝って客席からもいらいら感が出てきます。

だけれども、今日はボールを奪わんとする選手たちの気持が尋常ではなかったです。ことごとくガイナーレの選手たちからボールを奪うわ、体を投げ出して食い止めるわで目立たないけど素晴らしいプレーが随所に見られます。

Img_1798 もう後半はすごい長く感じて、おまけにロスタイムも長くてひやひやしましたが、なんとか大事な一戦を勝利しました!

Img_1803 Img_1800 試合後、森川選手のハイテンションインタビューもよかったですが、GK修行選手の古巣に対する様々な思いが試合後こみあげてきたようで、ちょっとこちらの目頭も熱くなってしまいました。

また、本日の観客動員は3,861人と、初の3千人超えを果たし、過去最高の観客動員となりました。こんな試合が続くのであれば、今日来場されたお客さんはまた再び来てくれると思います。天候の面とか一部他会場とか困難な面もありますけど、最終的に平均3千人以上入るといいなと思います。

来週はアウェーでのHonda FC戦です。今日がこういう試合だと次節の試合日が資格の試験の前週だというのに行きたくて仕方がありません。。。。いろいろ葛藤することになりそうです。

« 楽しみな週末 | トップページ | つぶやき »

FC町田ゼルビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87516/45681095

この記事へのトラックバック一覧です: FC町田ゼルビア 対 ガイナーレ鳥取戦(2009年7月19日):

« 楽しみな週末 | トップページ | つぶやき »

--------------------