2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

まだまだ1勝2敗

28日のアウェイのソニー仙台戦は、0-2で連敗してしまったようです。でもシーズンは始まったばかりですし、まだまだ1勝2敗です。

今週末のホームのFC刈谷戦では、桜が綺麗と思われるホーム野津田で、何とか勝ち点もそうなんですけど、とにかく得点を決めて、スタジアムを盛り上げてほしいと思います。

週末良い天気だといいな。。。

痛いですね

勝又選手、全治6ヶ月ですか、、、、

シーズン前半は厳しいのかな、とは思っていましたが、今シーズンいっぱいは厳しいのかな。。。勝又選手が1つ上のカテゴリーで、どれだけそのスピードが通用するのか、点が取れるのか、楽しみにしていたのですが残念です。。。

まずはあせらずに怪我の治療に専念して貰うしかないですね。

今日(3/28)のソニー仙台戦は、先日のニューウェーブ北九州戦と布陣を変えてくるのかな。残念ながら本日は仙台には観に行けないけど、是非チームには頑張って貰って、勝ち点3をゲットして帰ってきて貰いたいと思います!

野津田は決して遠くない!!

って1人くらい書かないと、今後のホーム観客動員に響いてくるような気がして書いています。。。僕も過去に野津田はアクセスが、、、と書いた1人ではありますが。

22日のホーム開幕戦(対ニューウェーブ北九州戦)の際、初めて連絡バスを利用しました。そのときのタイムスケジュールは以下でした。

11:33 鶴川駅0番乗り場発 野津田車庫行乗車(椅子は満席・立つ人が5、6名程度の乗車率でした)

11:50 野津田車庫 降車

Img_1242_2 その後、降りたバスの向こう隣に、連絡バス(誰かがゼルビアバスと言っていた)が待機していたので、ほどなくそれに乗車。本来11:50発のバスが待っていた様子。。(写真は連絡バスに乗り込むときの様子です)

11:52 連絡バス 野津田車庫 出発(椅子席が3、4余る程度の乗車率)

11:58 連絡バス 町田市陸上競技場手前 到着

言いたいことは、バスの乗り継ぎなんて面倒くさそう、と思う人も中にはいるかもしれませんが、体験してみると全然そんなことはありませんでした。(僕もバスの乗り継ぎなどこれまでの人生の中であまり体験したことないですし、乗る前は面倒くさいかな~、と思ったのですが)

鶴川駅から連絡バスの分をあわせて25~30分程度はかかりますが、まあそんなもんだとはじめから思ってしまえば、そんなに遠くは感じないのかな?と思いますよ。(苦しい?^^;)

町田駅からバス乗車の場合では、もう少しかかるのかもしれません。休日11時台は鶴川駅から7本ほど野津田車庫行きが出てるので、鶴川駅からの方が便利かもしれませんね。

ただ、僕はオフィシャルホームページを見て、予習したからスムーズに行けたのかもしれませんが、今後は初めて行く人も多くいると思います。ですので、試合当日だけでもよいから、例えば 町田駅21番乗り場、鶴川駅0番乗り場、野津田車庫の連絡バス乗車のところには「野津田車庫まで行けば競技場まで連絡バスで行けるよ、何分に出てるよ、いくらだよ、乗り方はこうだよ」、などの表示があれば親切なのかなあと思いました。

観客動員が増えるのが先か、アクセスが便利になるのが先か、というのはありますが、なるべくバスを利用してもらって(本当はバスを利用すると、エコポイントとして何かつく・商品が貰えるなどのインセンティブがついた方がいいのだと思う)、利用が増えたあかつきには、臨時直行バス化になって貰いたいなあと思っています。

FC町田ゼルビア 対 ニューウェーブ北九州戦(2009年3月22日)

ホーム開幕戦ということでしたが、残念ながら天候は春の嵐でした。

Img_1245 試合前にグッズを買っているときは、テントごと飛ばされそうな勢いでした。それでも屋台とあわせていろいろと賑わっていましたね。

Img_1247 とうとう町田に九州のチームが初お目見えです(たぶん)。

Img_1246 ホーム側 フェローズにデコレートされたベンチ、かっこいいっす。

アウェイ側にデコレートされていた株式会社オーイズミは遊技機を製造している会社のようで、大分トリニータを支援しているあの会社と同じような扱いになってしまっているのでしょうか。

Img_1248 町田市陸上競技場でいよいよJFL公式戦(ゼルビア主催として)が開催されます。

Img_1250 スタンドの前ではキッズチアリーディングが場を盛り上げてくれていて、そちらに気をとられ気づかなかったのですが、ウォーミングアップ中に勝又選手が負傷し、担架で運ばれてしまい、試合前からゲーム戦略の変更を余儀なくされてしまいました。。。

試合の方は、それで動揺、意気消沈したわけではないかもしれませんが、前後半に1点ずつとられ、0-2で敗れてしまいました(細かい内容はあまり書きませんが。。。)

中には惜しいシーンもありました。ただ特に前半は全く点が取れる気がせず、いろいろな精度を含めて、点差以上に完敗だったような気がします。ホーム開幕戦だったので、1点でも返せるとスタジアムの雰囲気も変わっていたのかと思うのですが。

また印象としては、ニューウェーブ北九州の選手のフィジカルが凄い、というか体つきがたくましいなあ(特にFWの11番)とか、みんなデカいなあ、と思いました。これは勝敗にはあまり関係ないかもしれませんが。。

それにしても、勝又選手の怪我が非常に気になります。。。しばらく時間がかかるのかもしれませんが、怪我が治ったあかつきにはJFL最終節(11月29日)のアウェイでのニューウェーブ北九州戦で、是非リベンジして貰いたいと思います!

他 気づいた点などは後日書こうと思います。

盛りだくさんですね

ついにFC町田ゼルビアのマスコットキャラクターが決まりましたね。

http://zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=200903&num=405

カワセミの”ゼルビー”ということです。長く愛されるということも考えて普通にまとまりましたね。この”ゼルビー”は「D案-Z」率いる「Z団」第一の刺客にすぎなかったのだ、、、ということにはならないのかな?ならないですよね。

また、ブラザートム氏作詞作曲の公式応援歌「僕たちが応援歌」が誕生し、22日のホーム開幕戦で初披露されるとのこと。

22日はなんだか盛りだくさんすぎて、僕たちも消化しきれるかどうか、なんて思ってしまったりもします。

当日は早めに行こうかなあ、と思いつつ天気が今のところ心配ですね。なんとか降らないでほしいけど。。。また、早めに行こうと思いつつ、寝坊したり、準備が遅れてバスに乗るのが面倒くさくて、タクシー使ってしまったりするのでそうならないようにしないと。。。

ちなみに過去にタクシーを使ったときの料金目安は

鶴川駅→野津田陸上競技場 1,700円くらい

多摩センター駅→野津田陸上競技場 1,500円くらいでした。

共に所要時間は10分とちょっと といったところでしょうか。鶴川駅からだと、どうしても若干渋滞してしまうようです。これは1月のサッカーフェスティバルの際の料金目安で、野津田へ向かう車の流れはないほうだったので、試合当日はもう少しかかるかもしれませんね。あくまで御参考までということで。。。

マスコットの行方は如何に

どうやらFC町田ゼルビアのマスコットが明日発表されるようですね。

いったいどのキャラクターになるのでしょう。

A案なのか B案なのか C案なのか D案なのか D案なのか?D案なのか???

なんだかD案のZ(私の脳内では水木一郎の叫び声がこだましてます)以外が選ばれたとすると、ゼルビアのサポーター以外の方からは「なんだフツーじゃん」とかいう微妙な反応が多く聞こえてきそうですけど。

スタ改修の件など不安なことも中にはあるけれど、週末に向けて楽しみは尽きないですねえ。

FC町田ゼルビア対佐川印刷SC戦(2009年3月15日)

仕事の残務処理をするために、朝早く会社に休日出勤に行ったのだけど、東京は快晴だし、なんだか開幕戦、JFLでの記念すべき第一戦ということで落ち着かないし、、、

Img_1194 会社で少しだけ仕事して、気づいた頃には東京駅のホームにいました。(^^;)>

Img_1195 ああ、新幹線に乗ってもうた。。今日の観戦をあきらめていれば、個人スポンサーになることもできるというのに。。。

Img_1197 だけど、富士山は応援してくれているかのように、その姿を現していました。

Img_1201 12時過ぎに京都駅に着きました。こんなになんの計画性のかけらもなく京都に来たのは初めてです(汗)

京都駅から西京極競技場へは、バスでも行けるとのことでしたが、地下鉄・阪急電車を乗り継いで西京極駅へ。

Img_1202 京都サンガの試合のときは趣が異なるのでしょうが、西京極駅は素朴な印象がしました。

Img_1203 駅から徒歩5分で競技場に着く、とのことですが、野球場を超え、競技場のメインスタンドまで回りこまねばならず、なんだか凄く歩いた印象がします。

Img_1206 それでも何とか試合開始に間にあいました。相手の佐川印刷SCは、JFLで何年も安定した成績を残しているチーム。試合運営もそつない印象がしました。サポーター・観戦の方々も多く、これまでの関東リーグとはやはり違った雰囲気があります。

Img_1208 ホーム席とアウェイ席を、このように幕で仕切っているのも、お互いに観戦しやすくてよいのかもしれません。写真は町田応援席側から見たホーム側の客席になります。まあこれもキャパシティ(メインスタンドのみ開放、全体では約2万人の収容)が大きいから可能なことなのかもしれませんが。

Img_1212 試合の方は、最初は探りあいというのか、連携がまだまだというのか、落ち着いて、というかゆっくりとした印象がしました。前半は惜しいシーンもありましたが、0-0で終わります。

後半早々に、ゴール前の混戦から山腰選手のゴールで先制します!この調子であと何点か奪えるのではないか、と思い始めましたが。。

Img_1216 後半は、風がひどく、しかも風下。向こうのキックは伸びるし、逆にGK修行選手のゴールキックは伸びずに結構苦労していた印象です。惜しいシーンもありながら、逆に危ないシーンも多く、非常に胃が痛くなる思いでした。

Img_1217Img_1221 それでも何とか初戦を勝つことができました!修行選手の健闘が光りましたね!正直どういう展開になるのか想像がつきませんでしたが、全然歯が立たないという印象ではなかったので、ほっとしました。

Img_1233 京都は少し肌寒かったですけど、よい天気でよかったです。観光名所を一箇所も廻ることなく、京都を去るのは本当に惜しかったのですが。。。

ただ当分、遠いアウェイ観戦は金欠でできなさそうな予感。。

Img_1239 それでも帰りの富士山は歓迎してくれているような気が勝手にしました。

来週はホーム開幕戦。相手は強いですが、頑張ってほしいと思います!

ついに開幕戦

とうとう明日となった開幕戦。FC町田ゼルビアが挑む記念すべきJFL初戦。。

もの凄く楽しみでありながら、若干の不安もつきまといます、東京都一部リーグから関東2部にカテゴリーが上がったときも、同じような不安があったのだけど・・・

別に基準としているわけではないけど、去年のJFL順位表を見てみましょう。

順位 チーム名      勝点 勝 分 負 得 失 得失点差

  1. Honda FC..............74....22.....8......4....80...33...+47
  2. 栃木SC..................63....18.....9......7....65...37...+28
  3. カターレ富山...............62....18.....8......8....61...36...+25
  4. ファジアーノ岡山.........60....17.....9......8....63...43...+20
  5. ガイナーレ鳥取...........59....17.....6...11....57...37...+20
  6. 流通経済大学.......59....17.....6...11....56...48...+ 8
  7. 横河武蔵野FC......54....15.....9...10....43...34...+ 9 

18チーム中上位の抜粋です(携帯からだと見辛いかも・・・)。ここで1位のHonda FCはさておいて、2~4位となりそれぞれJ2昇格を果たした栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山に着目してみると、それぞれ全34試合中18~17勝、つまり半分しか勝っていないことになります。(ガイナーレ鳥取は惜しかった・・・)

どう贔屓目にみても過去3年間の関東リーグのように「勝って当たり前」というわけにはいかなくなるのです。そりゃ毎試合勝ってほしいけど、ある程度は負けてしまうものなのだ、という覚悟、、というか気楽さでもって臨まないといけないのだと思います。

まあ去年だって、JFLの動向はほとんど見ていなかったですし、全体の予測ができるほど詳しくないので、本当にどう転ぶのかわからないですけどねー。

強豪だった3チームはJ2に昇格したけど、準加盟チームである鳥取・北九州・長崎は鼻息が荒い。昇格とは関係ない企業チームだって確実な補強を行っている(という情報が嫌でも入ってくる)、アルテ高崎(昨年度17位)のように去年107失点したチームだって、監督が変わり、FC町田ゼルビアのGKであった田中賢治選手がゴールを守ることになる。。。

ああ、どうなんだろう~!!

22日のホーム開幕戦もあるけど、明日の京都(西京極)での試合、観に行きたいな~。。。京都か、京都か。。。

玉川大学(玉川学園)

胸スポンサーに小田急電鉄が決まったことに狂喜乱舞していましたが、背中スポンサーに玉川大学が決まったことも、同様にとてもうれしく思っています。なんとも町田っぽいコンポだと思っています。

玉川大学といえば、その昔、まだ私が小さい頃、薬師丸ひろ子さんという女優さんが一世を風靡した頃、その薬師丸ひろ子さんが玉川大学に入学するというので、えらい騒ぎになっていたニュースを当時のテレビワイドショーなどで見た覚えがあります。

ただ僕は、近くに玉川学園という学校はあれど、玉川学園=玉川大学と思っておらず、玉川大学というのは、二子玉川とかどこか別のところにある学校とばかり子供心に思っていていました。実は家の近くでそんな騒動があったのだ、とわかったのは、それはもうずいぶん後のことでした。。。

ただ、玉川学園(地名の意味)に親戚が住んでいたこともあって、玉川学園(学校の意味)が作っていたアイスを購買部で買ってきて、おいしく食べたのを子供心に覚えています。野津田での試合で出張購買活動とかされないのでしょうか?非常に気になります。地域連携事業の理念の前に食い意地が勝る。。非常に情けないですが。。。。

そういえば、3月も中旬に差し掛かり、あと3週間ほどで玉川学園の池のところの桜も満開になることでしょう。前期第4節のFC刈谷戦(4月5日)あたりの時期で、学園の桜を見てから、野津田で試合観戦というのもいいのかもしれませんね。(交通手段が大変かな^^;)>

上の上を行く発想でした

小田急などスポンサーに FC町田ゼルビア(MSN産経ニュース)http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090311/tky0903112025012-n1.htm

「FC町田ゼルビア」新スポンサー決定-産・学・官が一体で地域活性化目指す

http://machida.keizai.biz/headline/390/

小田急電鉄が本当に来てしまった!!!

・・・何て表現したらよいのでしょうか。。。まさか現実のものになるとは思いもよりませんでした。

ホームタウンを町田市と限定し、町田市41万人の力で盛り上がっていくのはよいとしても、その戦略だけではこの先さらにカテゴリーが上がるにつれ、観客動員など全てにおいて苦しいのでは、、と勝手に思い、それを打破する理想的な胸スポンサーを妄想したつもりだったのですが。。。

そして何よりも玉川学園をはじめとして、産・学・官が一体となって活性化を目指す、という理念、、、こちらが考えているよりも、上の上を行く発想でした。恐れ入りました。

ただ、おそらくは年間予算を含め、今回のスポンサー締結のことはずいぶん前に折込み済みだったのだろうと思います。今回、スポンサーの発表があったからといって、新たにプロ選手を補強することはないのだろうと踏んでいます。

小田急電鉄が町田市内の駅や車両でも広告を展開して下さるそうですが、これまで以上の観客動員が期待できると思います。私たちも頑張ってチームを応援せねば、と思いました。

最後に、本日の記念に小田急ロマンスカーVSEの写真を置いて、夢見心地な気分で、寝ることにします。

Odakyu_vse

週明けか~

すっかり巷はWBCなのでしょうか?Jリーグも始まりますし、春到来といったところでしょうか。

オフィシャルホームページによれば、週明けには何らかの記者会見があるようですね。まずは待つことにしましょう~。

クラブゼルビスタ、すき・まちPOINTカード、初めて有料化されるホームゲーム運営。。。確かに初めてのことばっかりなんですよねえ。本当に大変なのだろうなあと思います。

何かお手伝いできることはないか、と考えてはいるんですけどね、、、、うーん、うーん、と考えつつ、、、寝ることにします。

相模原市の交通システム導入に思う

相模原市、幹線快速バスシステム導入へ-パブリックコメント募集(町田経済新聞)

http://machida.keizai.biz/headline/383/

「相模原市は2月20日より、「幹線快速バスシステム(Bus Rapid Transit=BRT)」を小田急相模大野駅~JR相模線原当麻駅に先行的に導入する基本計画案のパブリックコメントを募集。BRTは、バス専用レーンの設置や公共車両優先の信号システムなどを組み合わせることで、バスの定時性や速達性の向上を図る輸送システム。」

「基本計画案によると、ルートは相模大野駅~原当麻駅間の約8キロ。相模大野駅~北里バスターミナルのピーク時の所要時間を現在の約35分から約13分に短縮する。同区間の運行間隔は5分程度。」

以前からミニ地下鉄を走らせるとか、いろいろな構想があった相模原市の大動脈、、と言ったところでしょうか。僕も昔、北里大学病院に通院していたころは、よくお世話になっていた路線です。

記事にもありますが、この相模大野~原当麻駅までの区間の中には北里大学病院、女子美術大学に停留所ができる、と記載があります。S.C.相模原などのチームが将来ホームスタジアムとするのかな?と思われる相模原麻溝公園競技場などへも相模大野駅から20分弱程度で行かれるようになるのかもしれませんね。

対して町田に目を向けてみると、町田に駅チカスタジアムができてしまえば、全然アクセスの問題はないのですが、、、

今年初めにサッカーフェスティバルに行った際、FC町田ゼルビアの試合が終わって、野津田の山を駆け下りて、野津田車庫バス停から町田駅に向かったのですが、結局鎌倉街道の渋滞だったり、第二踏切あたりの渋滞だったりで、試合終了から小田急町田駅の改札口に辿り着くまで、結局1時間かかってしまっているのですよね。。。正直、休日の時間の使い方としてはもったいない感じがしてならないなあ~、という印象を受けたのは確かなのです。

今後、JFLでの試合を観戦する中で、こうしたらよいのに、と気づいた点があれば書いていきたいなと思っています。

ユニフォームスポンサー(妄想)

あと10日ほどで開幕戦が始まりますが、なかなか今期のスポンサー動向が見えませんね。。。先日のサッカーダイジェストの記事によるところの「昨年の1億円から1億5000万円に予算を増額・・・」とありますが、入場料収入だけで5000万円には到底達しないわけで、、、、

胸スポはどうなのか、、、本当に気にしてはいけないのですが、某チームについて隣の芝生が青く思えたり、、、、よくない傾向ですね。

Uniform5mm 理想は、そりゃこんな感じですが(ほんの一例&妄想です)

Uniform4mm ユニフォームサプライヤーであるsvolmeのロゴが格好いいので、もうブランド構築のためにこうしてしまうとか・・・(妄想です)

Uniform6mm_2 でなければ町田市の宣伝のために、こんな感じにしてしまってもよいのですが・・・(妄想です)

発表が遅いと、妄想が加速してしまい、いろいろなものを作ってしまいそうなので、適当な早めの時期に発表してほしいなと思います。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

--------------------