2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

歴史

オフィシャルホームページにて退団選手の発表がありました。新たに8名が退団したことで、今年のトップチーム登録33(32?)名中17名が退団・異動となりました。カテゴリーが上がっていくにつれ、選手の大幅な入替えが発生するのは致し方ない部分もありますが、さびしい気持ちもあります。

残る15名ほどのメンバーと、2月8日に発表される新入団選手とでJFL34試合を闘っていくことになります。これまでの関東リーグや東京都リーグの試合数で慣れきっている感があるため、まだイメージができない部分もありますが、リーグ戦だけで34試合もあるのですよね。その上、北は秋田県から南は沖縄県まで日本全国が舞台となります。

昨年11月の地域リーグ決勝大会を見る限りでは、戸塚監督は固定メンバーで闘うスタイルなのかな?いう印象がありますが、少なくともあと10名くらいは新入団選手がいなければ、シーズンの終わりまで好成績で闘い抜くことは、なかなか難しそうな気がしています。

また仮にその人数程度以上、新入団選手がいたとすると、チームの約半数が新戦力となります。こうなると昨年とまたガラっとチームが変わり、そして新たな歴史を刻んでいくわけですけど・・・

「歴史」といえば、FC町田ゼルビアの近年の歴史(戦績や試合写真など)については、プロカメラマン我孫子先生の「LOVE Photo!」においても確認することができます。(本当にもの凄く貴重なデータ群だと思います。)

また、毎年発行されているイヤーブックを重ねていけば、そのときそのときのチームの歴史を垣間見ることができるのでしょうが、例えばJ1川崎フロンターレのオフィシャルホームページの選手・スタッフプロフィールページ(http://www.frontale.co.jp/profile/2009/index.html)では、今期の選手だけではなく、JFL時代に富士通から川崎フロンターレとなった1997年以降、毎年毎年の選手プロフィールを掲載し続けています。なんだか「歴史」を大切にしているようでとても好感を抱きますし、この年はこのメンバーで臨んだのだな、、、なんてサポーターの心に容易に残るのではないでしょうか。

今はあらゆる準備でそれどころじゃないことは百も承知ながら、東京都1部の竹中選手移籍年でもよいですし、東京都4部リーグ時代からでも面白いと思うので、オフィシャルホームページも歴史を振り返られるようになればよいなあ・・・なんて勝手に思う今日この頃です。

スポンサー

「FC町田ゼルビア‘09年度のスポンサーをお考えの皆様へ」と題しまして、一昨年・昨年と胸スポンサーをされているフェローズの志村代表がオフィシャルホームページに寄稿されています。

http://zelvia.jp/about/message.html

会社でふと、このページを拝見し、思わず泣きそうになりました。

一昨年の地域リーグ決勝大会にて敗れ、‘08年度スポンサー案を社員にリコールされたこと。しかも‘08年度は自費でスポンサードをしたこと、など格好いいユニフォームの下にはこんなドラマが隠されていたのか、ということを思い知らされました。

僕は周りでふらふら見ているだけですが、FC町田ゼルビアはこのような熱い方々によって支えられているのだな、という思いをひしひしと感じ取りました。

ただ、、同時に、志村代表の文面からはとりわけ大口のチームのスポンサード状況が決して芳しくない、ということがうかがい知れます。

多くの企業が不況にあえいでますし、私が勤めている会社でもなんらいい話を聞かない現状ではありますが、なんとかチームの理念に共感を持ち、支援していたいただける企業・集団が現れてくれることを切望するのみです。以前チームが山本真司先生が著書の本からスポンサードを受けたように、何か面白いビジネススタイルが産み出せると面白いのでしょうが。

さっきからそんなことを考えながら、思いつくのは私が金持ちだったら、という前提での思いつきばかり。。。今日は日本代表戦のネット放送を見ずにクールダウンして寝ることにします。

新体制発表会のお知らせ

オフィシャルから「新体制発表会 2月8日(日)に決定」と周知がありました。

http://zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=200901&num=340

去年の新体制発表会の前には、

  • 戸塚監督の就任
  • 蒲原選手・山口選手の完全移籍
  • ジョズエ選手の期限付き移籍

など、それぞれスポーツニュースでも発表されたため、ある程度こちらも情報を持っている中での発表会だったりしました。ですが今年は全く情報が出ない(漏れない?)ので、ある意味不気味ですよね。。嵐の前の静けさなのか、ただただ静かなだけなのか。。。

去年は確か平日の発表だったような、、新入団選手発表のほかにも、ユニフォームはどうなのだろう、とかスポンサー様はどうなるのだろう、とか会社のPCからちょこちょこチェックしては、情報が入らずやきもきしてた思いがあったような覚えがあります。。

今年は日曜発表で、かつサポーターもまた参加できるというので、うまく時間があえば、是非一度行ってみたいとも思います。

ティップネスだったり、「D案」だったり

FC町田ゼルビアのチームの始動をよそに、こちらもダイエットの始動をしなければ、ということで久しぶりにティップネスに行きました。

たまたま大泉学園のティップネスに行こうとホームページで事前に確認したところ、今月から練馬店がオープンしたことを初めて知ったため、そちらに行くことにしました。

Img_1048

新しいことはよいことだ、ではないですが、清潔感があって結構広いし、もっぱらテレビ見ながら歩く派だけど、ランニングのマシンの台数も多くてよかったです。大泉学園も池袋もそれなりのメリットがあるけれど、また行きたいと思います。

ここ数年、町田のティップネスには行けてないけど、低温サウナでやるアロマのヒーリングみたいなことはまだやっているのでしょうか。

ちなみに、FC町田ゼルビアのキャラクター案ですが、D案の「Z」が良い意味でも悪い意味でも ちまたで大好評のようですね。

こうなったらマスコットを超えた、いやGMも超えた万物の象徴(?)としてとらえ、

  • 普段はウサギ・カワセミ・タヌキを従えてファンサービスはその3匹にやらせる。
  • 「Z」本体は普段「玉座」に横たわり、全く動かない(まあヒーローアクションものの悪の親玉みたいな定義ですが。。。)。
  • 動くのはゴール時のみ。(そのときしか絶対に動かないから、サポーターもゴールを切望する。)
  • 新入団選手発表なんかも「Z」の口の中から現れる(この時点で怪獣と化しているな)
  • 調子に乗って、日本代表選手なんかも口の中から出してしまう

とかそういう演出を是非して貰いたいと思っています。ええ、費用的に絶対無理ですよね。

ただ、仮にカワセミ案・タヌキ案(FC東京が東京ドロンパなるものを発表しましたので、タヌキ案は微妙になってきたか)のどちらかになるとしても、「Z」も残して貰いたいなあ、と思っています。なんだか今の絵が一人歩きしすぎてて、実際に人形になったら絶対に「想像していたのと違う!!」というクレームがきそうだけど^^;

フットパス

フットサルではなくて、フットパス。

散歩いかが「フットパス」 町田

http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000000901200001

昨年末に町田経済新聞でも記事が出ていましたが、地域の風景を楽しみながら歩く小道「フットパス」を普及させようと、町田市を含む4市町とNPOが、来月7日に「日本フットパス協会」を設立する、ということです。

旧に健康志向に目覚めたわけではありませんが、特に町田市北部の小山田バス停のあたりは豊かな自然が残っていますし、季節がよくなれば歩くことがとても楽しそうです。

4月からは町田市観光コンベンション協会に運営が移行するということで、町田市の観光の柱の一つとしていくのかもしれません。

来月に12のルートが選ばれたマップも発売されるということで、町田市陸上競技場近くのルートがもしあるのであれば、FC町田ゼルビアのホーム試合観戦がてら、散策してみたいと思います。

牽制球

オフィシャルのばんがいニュースは、本日最後のお仕事的な感じなのか、ずいぶん遅い時間に内容が更新されていたりしてあなどれません。

今日の内容は、スポーツビジナスセミナーでの参加と、そこで他のJリーグチームから牽制球を受けているといった内容でした。

牽制球といえば、既にJリーグへの準加盟登録をしていてホーム開幕戦の対戦相手でもあるニューウェーブ北九州のオフィシャルホームページ(http://www.kitakyushu-fc.org/)でも、今期の順位表が先方チームの要望なのか予想順位なのか、なんとなく牽制されているような気がします。(一番下位に来るのは昇格チームだから当然なんですけど、地域リーグ決勝大会の順位通りの記載でもないし、同じく準加盟の鳥取は下だし・・・)

まあ、牽制球をものともせず、成長を遂げていってほしいと思います。

DIET SHINGO

探し物をしている最中に、久しぶりにこの本と御対面。

Img_1046

DIET SHINGO・・・・・。

冬は冬眠の季節と決めてはいたけど、久しぶりにジム通いでもして頑張ってみようかな。

ブログも三日坊主と決めていたつもりが、zelvia2008さん、forza-machidaさん他のおかげもあって閲覧アクセスも増えるようになり、なんだか続けられるようになってきましたし。FC町田ゼルビアのホーム開幕戦までにはもう少し動ける身体になっていたいですしね。

火曜日に6km走とかはやらないですけどね。膝が壊れますし・・・

ここで目標などを高らかに宣言してしまうと、失敗して当該ブログごとバックレる可能性が高いので、細々と頑張ることに致します。

選手の結婚とか、ヴェルディの話題とか、ホームタウンについて

先日の石堂選手、雑賀選手の御結婚に続き、蒲原選手、竹中選手も御結婚、とのことです。おめでとうございます。チームにとってはおめでたいことが続いていますね。

新婚パワーでもって、みなスーパーサイヤ人状態でリーグ戦を戦うのなら、特に戦力補強は必要ないかも!?

・・・・。

えー、さておき 今日気になった記事は、スポーツニッポンの記事は以下です。

東京V身売りへ 学習塾に再建託す!

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/01/19/01.html

もしかしたら、FC町田ゼルビアの今後の動向は、東京ウェルディの動向によって大きく左右されるのでは、と勝手に踏んでいたこともありましたが、事実上の身売りという結論に至ったようです。経営権が日テレからTOMASに移って、どんな展開になっていくのか目が離せなさそうです。ホームタウンやサポーターなき買収劇と言った感じで、特にサポーターの方々にはお察しするところですが・・・

ところでFC町田ゼルビアがJリーグ入りした暁には、ホームタウンの扱いはどうなるのでしょうか?

現在の東京都のJリーグ2チームは以下のようです。

  • FC東京:三鷹市、府中市、調布市、小平市、西東京市、小金井市を中心とする東京都全域
  • 東京ヴェルディ:稲城市、多摩市、日野市、立川市、八王子市を中心とする東京都全域

となると、FC町田ゼルビアは、

  • FC町田ゼルビア:町田市を中心とする東京都全域

・・・なんとも微妙な言い回しですね。全うな答えは「町田市のみ!」なのでしょうが、FC町田ゼルビアと町田市、町田市民に情熱があっても、ホームタウンでの範囲・活動はごくごく限定的なものとなってしまいます。また仮にそうなった場合、例えばFC東京のホームタウンは、以下のように変わるのでしょうか。

  • FC東京:三鷹市、府中市、調布市、小平市、西東京市、小金井市を中心とする東京都全域(但し、町田市は除く)

本当は都県や市町村単位だけで区切るのではなく、町田の地域性を考慮して、商圏や地域、沿線でわけてもよいような気がしますが、道州制に変わったとしても無理なのかな・・・

画像ソフト購入

先週から目をつけていたドロー&写真編集ソフトを購入しました。

アドビ社のフォトショップおよびイラストレータを正規に購入すると、10ウン万円してしまうのですが、ソースネクスト社のPaintgraphic® 2 Platinum(http://www.sourcenext.com/titles/pack/93480/?i=top)は、これらとほぼ同等な機能ができて、なんと3,970円!!!

フリーウェアやシェアウェアでもよいソフトがあるのかもしれませんが、少しだけ試してみたところ、これで十分活動していけそうです。

Img_1039

ドローソフトの練習がてらにあのチームのあのエンブレムを・・・でもケヤキやサルビアがうまく書けなかったり、いろいろ盛り込もうとするとかえって不完全燃焼になり、なかなか難しいものです。

あ、あくまで練習台です。法に触れるのでたとえ完成しても公開は致しません。。。

キャラクター案から

キャラクター案について、新聞の多摩版が見られないので、遅れること本日(16日)、オフィシャルのホームページ上で拝見しました。

Usagi_4 Kawasemi_4 Tanuki_3 Zeeeeeeet_3   

どれか選べと問われても、僕はウサギ案でもカワセミ案でもタヌキ案でもZ案でもどれでもいいような気がしています。

僕は、カワセミとタヌキのツープラトン(2匹採用)、もしくはカワセミとタヌキとZのトリプラトン(3匹?採用)で展開していった方が面白いのでは?と思いますが、費用の問題とか、中に入る人(夢がないことを言っちゃいけない)の問題とかで、だめですかねえ。

一つ気になるのは、どのキャラクター案も今週の僕のように顔色が悪いことでしょうか。。。

キャラクター自体はさておき特筆すべきなことは、各キャラクター案から今期のユニフォームが垣間見れることです。(もし後日の発表でもってそれが違っていたら、ごめんなさい)

今期のユニフォームサプライヤーと想定されるsvolme社の商品のデザイン(例えばhttp://volume.shop-pro.jp/?pid=5186472)が、既に各キャラクターに描かれているような感じがします。(先日のサッカーフェスティバルでも選手たちはsvolme社のダウンコートを着用していました)

青、といってもいろいろな色があります。加えてディスプレイ画面か紙などの印刷媒体かでも印象が変わってくるのですが、結局これまでのいわゆる「青」ではなく、ネイビー+小田急ブルー(ちょっとくすみがかったブルー)を基本色として、フチを黄金色でいくというところでしょうか。まあ、発表を待ちましょう。

あとは胸スポンサー様がちゃんとついてもらえますように・・・

不況ですからね。。。各キャラクターが胸に着けているような「Z」マークでもってお茶を濁すことがなければよいな~と心から願っています。

新エンブレム発表

体調不良で寝込んでいます。

昨日のブログをアップした後で、新エンブレムおよびロゴが発表されていることを知りました。なんでもマスコットキャラも4種類のうちから人気投票で選ぶとか。。

Zelvianewem

それで新エンブレムなわけですが、うーん、うーん・・・まずはポジティブに考えてみましょう

  • 「月山山形」ほどのインパクトはない
  • 大人っぽくなったデザイン

と言ったところでしょうか。

その反面ネガティブに考えるとすると

  • 町田を表す個性が見えない→工業デザインにしか見えない
  • 寒色系で構成されているので、親しみ感がわくかどうか
  • サカつくですぐに作れてしまいそう
  • 丸、丸かあ。。。

町田っぽさがないし、直線がベースとなってやわらかさがないので、工業デザインにしか見えないのですよね。ただ町田っぽさって何?と言われるとケヤキにサルビアにカワセミにリスとかしか例えようがない部分もあるのですが。

第一印象はF1のロスマンズがメインスポンサーだった頃のウィリアムズルノーに赤を抜いてみました+旧国鉄+ドイツ車って感じですかねえ。次第に慣れてくるのかな。。。大人の階段を上るための一つのステップとしてとらえるほかないのか。。。

エンブレムはユニフォームに似合ってなんぼだとも思っています。おそらくユニフォームには上の絵にある下のロゴは入ってこないのでしょうから、まんまるのエンブレムだけだとどうなんだろうなあ。水戸ホーリーホックのエンブレムともまた印象が違うし。。。

早くJ1制覇に天皇杯制覇をしてもらって★がエンブレムの上に3つくらいつかないとバランスが悪いような気がしてます。

うーん、うーん・・・寝ることにします。

S.C.相模原

J1のガンバ大阪や京都サンガが今期に向けて積極的な選手補強を行っているようです。本来はJ1やJ2の選手動向を気にしていた方が、将来的に「あの選手がゼルビアに入るのか!」という情報がわかったりして面白いのかもしれません。

ただあまりJ1やJ2の補強に興味はなく、むしろガイナーレ鳥取であったり松本山雅F.C.であったりAC長野パルセイロなどの一部JFLチームや地域リーグのチームの動向の方が気になったりします。

FC町田ゼルビアの新体制発表は2月11日が第一候補ということですので、それまでは首を長くして待っているほかないのですが、本日のスポニチの記事で町田の隣町にあるクラブチーム「S.C.相模原」(現在神奈川県3部リーグ→2部昇格に向けトーナメント開催中)の記事が目に入りました。

磐田から森野がSC相模原へ移籍

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090114057.html

J1から県3部リーグへの移籍情報というのもすごいですが、S.C.相模原は元日本代表の望月重良氏が代表を務めているチームだけあって、なんだかすんごい加速度を伴ってJに上昇していこうとしているのだなと感じさせられます。ゼルビアとはまた全然違うJへのアプローチの仕方で、それはそれで興味深いものがあります。

もう1つの隣町のクラブチーム「ブレッサ相模原」(神奈川県1部リーグ)との相関はわかりませんが、将来的には「武相ダービー」なんて展開が待っていたりするのでしょうか。(そんなに両市の間で中が悪いわけでもないと思うので、町田も相模原も両方応援する人が多いような気もするんですが。。。)

J準加盟提出!

日刊スポーツ 「JFL町田、長崎がJ準加盟申請書を提出」

http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090113-449738.html

MSN産経ニュース「町田がJリーグ準加盟申請」

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090113/tky0901131733006-n1.htm

本日、守屋代表、下川社長らがJリーグ本部にJリーグ準加盟申請書を提出した。というニュースが一斉に報じられました。

あ~、とうとうここまできたかという思いですね。非常に感慨深いです。

まだスタジアムの改修が正式決定していないこともあり、すんなりと承認が得られるかはわかりませんが、承認が得られれば、一般の方の見る目も少し変わってくると思っています。

何より、来年に向けての目標がわかりやすいものとなります。これまではJFLに入るために、関東リーグを優勝して、地域リーグ決勝大会予選リーグで1位になって、それで決勝リーグに~、と選手・チームにとっては大変険しい道のりとはいえ、コアサポやなかなかの物好きでなければ、正直わかりづらい内容でした。

それが今年はJFLで18チーム中上位4位に入ることができれば、J2に昇格できて、翌年は、東京ヴェルディやコンサドーレ札幌と対戦できる、ということになります。(両チームともそのときにJ2にいるかは断定できませんが)

先日のサッカーフェスティバルで、町田市長も「毎試合3,000人以上の観客動員を」とおっしゃっていましたが、観客動員数も昇格には響いてはきます。ホームタウンが決して広くないこととかスタジアムのアクセス面で不利な点は否めませんが、何とかこういうところをアピールして達成できるようにならないといけませんね。

町田サッカーフェスティバル

Img_1000 Img_1001 町田サッカーフェスティバルに行ってきました。第17回目とのことですが、実は見に行くのは初めて・・・時間の都合でメインのFC町田ゼルビアvsY.S.C.Cの試合しか見ておりません。

特に前半はFマリノスの秋元選手、ジェフユナイテッドの戸田選手、ガイナーレ鳥取に移籍が決まった阿部選手など数名のJリーグ経験者がゼルビアと混合チームを組んでいました。

Img_1007 Img_1008 Img_1009

みんな(特に戸田選手)普通にゼルビアユニが似合ってました。

Img_1024 しかし今日はとても寒かったです。暖かい格好をしてきたつもりでしたが、こんなに寒い思いをしたのは久しぶり。寒くて試合観戦に集中できていませんでした。ハーフタイム中に式典があり、町田市長はじめ挨拶をされていましたが、こういうときってコートを着用したりしないのがマナーなのですよね。。。でもスーツのみで頑張られている姿がとても痛々しかったりしました。。。

日本サッカー協会の犬飼会長は、ヨーロッパを目指しているのかJリーグを秋春制にしようとしていますが、個人的には勘弁して貰いたいです。

Img_1028 後半は、戸田選手はフル出場でしたが、加賀山選手に竹中選手に中村友選手と、ゼルビアの一時代を築いた選手たちが登場していました。加賀山選手は序盤に得点を決めましたが、中村選手はドフリーな展開で何回か外してしまいました。。でも俺は数年前に、保土ヶ谷で魅せてくれたあのキレキレな動きを一生忘れません。

試合は後半に3点を入れたFC町田ゼルビアが3-0で勝ちました。2点目の山腰選手のゴールは、(他選手の)トラップ ウマっ!て思っている間もなくズガンと入ってなんだか気持ちよかったです。

試合終了後、関東リーグのときと同様に、Y.S.C.Cの選手たちは自陣挨拶後、敵陣に挨拶に来たのですが、町田の選手たちは敵陣に挨拶せず、すぐにバックスタンド側の子供たちの方に行ってしまいました。メインスタンド側からみると違和感を感じて、ちょっと残念に思いながら野津田を後にしたのでした。。。

リニア中央新幹線

先日見かけた日経ケンプラッツの記事から

「リニア新幹線の大深度地下ルートはどうなる?」

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/column/20081225/529210/

これまで記事に出ているリニア中央新幹線の主な内容としては、

  1. 2025年開業を目指すこと
  2. 名古屋までは南アルプスを貫通する直線ルートで想定中
  3. 東京-名古屋間で中間駅は沿線の各県に1駅ずつ設けることが適当(JR東海社長発言)
  4. 首都圏の始発駅は品川 

というところでした。

上の引用記事では、今の新幹線品川駅直下にリニア新幹線の駅を作る(JR東海の土地のみを使用すると仮定して南北方向にホームを作る)、という想定で、既に実験線として建設中の山梨県上野原市から大深度地下を通って品川駅に向かうルートを以下のように予想しています。

上野原市秋山→上溝駅あたり→淵野辺駅あたり→玉川学園前駅あたり→江田駅あたり→元住吉駅あたり→カーブして方向を変え品川駅

なんだか惜しい。。。

残念ながら東京都内にもう1駅作る話はどこにも出ていないので、現実的には上溝駅あたりか淵野辺駅あたりに神奈川県内としての途中駅(その際は相模原中央駅とか新相模原駅等に改称するのかな?)を作ることになるかもしれません。もちろんあくまで想定ですので、例えば品川駅を東西に直交するルートの場合は、カーブ自体が必要ないため、今のルート全体がやや北上して橋本駅あたりが途中駅になるかもしれません。

夢がある話ですが、上溝駅あたりに作ると町田からはやや不便ですし、淵野辺駅あたりに作ると町田からは便利だけど、おそらく鳴りを潜めている小田急多摩線も今の唐木田駅止まりから、その駅めがけて延伸することになるでしょう。そうすると人の流れがすごく変わりそう(町田駅を必要としない流れが大きくなりそう)で、それはそれでちょっぴり不安ではありますね。

開業予定は今から16年後、、、かなり先のことですが、このリニア中央新幹線は注意深く見守りたいと思います。

野津田競技場⇔町田間 連絡バス妄想

本日(1/9)の日本経済新聞web版から

「細る税収、多摩の自治体知恵絞る 町田、競技場席を賃借方式に」

http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090108c3b0805908.html

以前、野津田の競技場の改修に対してお金のかけ方もよい、なんて能天気なことを言っていましたが・・・・。そりゃ厳しいのですよね。。

周りの話を聞いてもそうですし、想像以上に経済状況は悪化しているのだなと改めて思い知らされています。。

情勢がよければ、チームにスポンサーがもっと簡単についてくれたり、競技場の改修だってスムーズに進むのかもしれませんが、そんなことを言ってても始まらないわけで、何とかチームの頑張りと、少しでも町田の景気の向上がスパイラル上に結びついて相乗効果になるといいのですが。

そこで相乗効果が期待できるバスを妄想してみたのですけど。。(単に私が試合後、楽して帰りたい。ついでに買い物して帰ろうかなという欲求を満たしたいだけ、という話ではある)

例えば野津田で試合を見た後は、臨時特急バス「なんなら帰りにお買い物していって」号を野津田競技場→町田バスセンター→JR町田駅→町田ターミナルまで走らせて、料金は現在の競技場→野津田車庫→町田駅(チャーター便含め計380円)、または競技場→野津田車庫→鶴川駅→町田駅(計480円)より高い一律500円程度で走らせるけれど、その直後にすき・まち加盟店で買い物すれば、キャッシュバックとかポイントが還元できる、といった具合です。根本的な仕組みを考えると難しいですかねえ。。。 ※ちなみに臨時特急バスの名前は、こんなに変な名前の必要はないですが、他にオプションとして「なんなら帰りに南町田グランベリーモールでお買い物していって」号などもあったりします。

しかしただ書けばいいってもんじゃないな。。この記事近いうちに削除するかも。。。とりあえずお休みなさい。。。。

久しぶりのチーム情報から

暫くはFC町田ゼルビアの情報が入りませんでしたが、今日(8日)はいろいろなチーム情報がオフィシャルホームページにアップされたほか、家に帰ってみれば会報が送付されていました。

オフィシャルホームページ・会報を見て私が思う大きな点といえば、下記の2つでしょうか。

1.竹中選手・加賀山選手のツヴァイテへの登録変更

東京都リーグ時代から関東リーグへ昇格した際の言わずとしれた立役者ですが、今期はツヴァイテに登録変更して、再び関東リーグ昇格を目指すとのことです。

数年前、竹中選手をJ2横浜FCから完全移籍で獲得した、というニュースを日刊スポーツのweb版で見たときに、竹中選手って一体どんな選手なのだろう、という期待と、ゼルビアが変わろうとしている兆しを感じたことと、そしておそらくははじめてスポーツ紙媒体に「FC町田ゼルビア」という文字が画面上に写し出されたことを確認できて、いろいろな思いと共に感動した記憶が甦ります。

現役引退ではなく、セカンドのチームで再び頑張るなんてとてもカッコいいと思います。是非頑張って、まず今期はツヴァイテを東京都2部リーグ昇格に導いていただきたいと思います。

Img_0935 写真は、年末に掲載された ジョズエ選手がサガン鳥栖へ復帰した記事です。(日刊スポーツ携帯版より)

僕は町田に住んでいないので普段の生活でJCOMやタウンニュースが見られず、公共の媒体を通じてゼルビアの情報に普通に触れる機会があまり多くありません。その上基本的にミーハーですので、どんな記事であろうが、ニュースに「FC町田ゼルビア」と書いてあれば、感動してしまいます。

あとはNHKサッカー中継の実況を務めている、山本アナウンサーや栗田アナウンサーが「FC町田ゼルビア」なんて声を発したら、僕はそれだけで絶対感動してしまう自信があります。

2.今期のJFLでのホームチケット情報(会報から)

会報に記載された情報では、シーズンパスを買わない場合の当日券が、S席2000円、A席1,200円、芝生席500円ということでした。シーズンパスの場合はS席16,800円、A席10,500円、芝生席2,100円ということです。

当日券S席を基準として考えれば、一見やや高いかなという印象ですし、今期の観客動員にどのように響いてくるのかはわかりません。まあ結局のところチームが年間を通じて私たちにさまざまなものをもたらしてくれる その影響を考えれば、結局は安いもんだと言い聞かせてシーズンパス買うんだろうなあ、と呟いてみます。。。

ただようやく今期に向けての情報が出てきました。全部がうれしい情報ではなく、寂しい情報も中にはあるかもしれませんが、さらなる情報が楽しみです。

お笑い

仕事が始まってから、新年早々お疲れモードですが、録画した大晦日の特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない新聞社24時」を見て、笑って、なんとか明日の活力へとつなげています。

一昨年の夏の忙しい時期は、やはりお笑いを明日への活力としていましたが、youtubeで小島よしおを見ることだけが唯一の楽しみだったというのが、今ではなんだか信じられないくらいです。

房総へ

爆睡している間に年を越したこともあってか、この正月は早寝早起きでした。今年は物心ついてから初めて2日の箱根駅伝往路のスタートシーンをライヴで見ることができました。

ただ翌3日は、これをずっと見てしまうと、正月自体が終わってしまうという気持ちがあって、海を見に行くという目的を兼ねて房総半島を電車で1周してきました。

まあ、来年の正月は自由気ままな時間があまりとれなさそうですし、以下のようなこんな強行スケジュールですが、ほぼ箱根駅伝と同じ時間帯ということで、、、

特急新宿わかしお号 7:56 津田沼発  → 9:37 安房鴨川着

内房線普通電車   10:21 安房鴨川発 → 10:50 千倉着

特急さざなみ号    10:58 千倉発 → 12:32 蘇我着

内房線・総武快速線  12:33 蘇我発・・・

初めの新宿わかしお号では、8人ほどでゴルフ場に行くらしき団体客が、周りの迷惑も顧みず酒盛りで盛り上がっていて最悪でした。途中の大網で降りたのが救いでしたが、降りた後は皆「やっと降りたね」「うるさかったね」と周りで話すほどでした。

行きの電車ではそれくらいしか印象がないので、鴨川の海に行くことにします。

Img_0975 Img_0979 Img_0981

Img_0980

外房なだけに、波が荒かったです。

鴨川の海にいたのは10分ほど、、普通電車の発車時刻があるので、そそくさと駅に戻りました。内房線普通電車は空いていて、眺めものどかですし、沿線には少ないながらも菜の花・パンジーなどが咲いていてとてもよかったです。

Img_0991 Img_0992 Img_0994

普段は館山駅までの特急のようですが、臨時で千倉駅まで運転しているようです。千倉駅ものどかでした。

Img_0996 Img_0997

帰りの特急電車です。JR東日本の電車はあまりデザインにセンスを感じませんが、この電車のカラーリングはF1の昔のウィリアムズのマシンカラーのようで好きです。

Img_0998_2

FC町田ゼルビアのユニフォームカラーが青のみでJリーグの他チームと差別化できないのであれば、青+白とか青+白+黄のような組合せも面白いかなと思いましたが、これじゃ日本代表のユニフォームと変わらないか。。。(2007年度・2008年度のユニフォーム自体は、胸スポンサーのフェローズのバランスが良くてとても気に入ってるんですけどね)

帰りは海側に座っていれば、富士山がとてもきれいに見えたのですが、山側の座席であったのと、乗り疲れたのか、もう満足して結局爆睡してしまいました。

元旦なのに、なぜかフクアリへ

あけましておめでとうございます。

今年は私にとっても、みなさんにとっても、FC町田ゼルビアにとっても、ハッピーな1年でありますように。。。。ブログも3週間坊主で終わりませんように。。。

今年は

・Jリーグ準加盟

・JFLで4位以内に入り、J2昇格

が当然最大の目標になるわけですけど、そんなことが言えてしまうくらいの位置までチームが上がってきたんだなと思うと、なんだかとても夢見心地な気分です。。しばらくは新戦力・新体制の発表を待ちながら、夢見心地な気分を続けたいと思います。

今日は元旦でしたが、自分の今年の目標・やりたいことは夜にじっくり考えることにして、天皇杯を観戦するまでの時間があまりにも暇すぎたため、あてもなく放浪してきました。実家が町田から千葉県へ引越ししたこともあり、はじめは外房の海でも見るつもりが、なぜかフクアリ(ジェフユナイテッド千葉の本拠地)が見たくなって、外房線を途中下車して、蘇我駅に引き返しました。

Img_0947 Img_0948 蘇我駅です。

至る所にジェフユナイテッドのカラーリングが施されています。

Img_0952_2 歩くこと約9分でフクダ電子アリーナに到着です。

下から目線で見ると、サッカー専用スタジアムとはいえ、結構デカイな~とか

Img_0953 グラウンドを中心として、長辺方向のみならず短辺方向(奥行)も結構必要なのだな~とか

Img_0954 スタジアム周辺にこれくらいのバッファー(緩衝)エリアはやはり必要かな~とか、

Img_0955 写真ではわかりにくいけど、近くにサブグラウンドも必要だよな~とか、

Img_0957 写真ではわかりにくいけど、僕のほかは、凧揚げをしている家族連れ1組がいるだけで、元旦から僕は一体、何をやってるんだ?とか

Img_0963 騒音とかいろいろ考えると、周囲にこれくらいの広がりが必要なのかなあ~、とかいろいろ思いながら写真に収めたのでした。

(このあと、信号無視のヤンキー車にひかれそうになるとは思いもよりませんでした。。。)

もちろん中は見られませんでしたが、フクアリは 東京駅から特急で33分+徒歩9分=42分でスタジアムへ、快速でも42分+徒歩9分=51分で到着するロケーションもまた魅力。

町田駅チカスタですと東京駅から新幹線+横浜線で42分+徒歩5分で47分。。。

野津田ですと倍とはいわないけど、それくらいかかるイメージが先行してしまうのだよなあ。。

そんなこんなで、初詣もすませて実家に戻ってみると、天皇杯は既に後半終了間際でした。それでも延長前後半の30分だけでも試合を堪能できたのはよかったです。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

--------------------